オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

インプレイス編集の具体的な手順

オートキャド(AutoCAD)で作成したブロックを編集する際には、ブロックエディタを使う方法ともうひとつインプレイス編集という機能があります。
どちらがより便利で効率的なのかを考えていくと、まあどちらも便利であるという事では変わらないと当サイトでは考えています。

結局は作図する方の好みという部分が大きいので、そうであれば実際に両方を使ってみて判断をするしかないという事になります。
そんな訳で、今回は作成したブロックをインプレイス編集する為の具体的な手順について説明をしていきたいと思います。

まずはインプレイス編集コマンドの場所ですが、「挿入」タブ内にある「参照」グループの「▼」をクリックした際に出てくる画面に隠れています。
下図の赤く囲った「参照編集」というボタンなので、少し機能の案内としては分かりにくいと感じてしまいますね。

インプレイス編集コマンドの場所

もしブロックの編集を主にインプレイス編集でやっていこうと考えているのであれば、ショートカットキーなどに登録した方が便利ではないかと思います。
私は結構このインプレイス編集を活用しているので、ショートカットキーとして「Ctrl」+「I」に設定をしています。

REFEDIT 参照を選択:

コマンドを実行すると上記のような表示が出て、参照を選択する状態に…という表現は分かりにくくて、編集したいブロックを画面上から指定する状態になります。
そこで以前作成した「椅子A」というブロックを画面上から指定すると、次に以下のような表示が出てきます。

ブロックを選択した後の状態

上図を見ると「椅子A」というブロックを選択した事が分かります。
ここで細かい設定をする事も可能ですが、特に設定を変える必要もないので、そのまま「OK」をクリックすると…

ブロックエディタを使った時のような画面の切り替えは特になく、そのままブロックを編集出来る状態に切り替わります。
どんな状態になるかは選択したブロックの形状などによって少し変わってきますが、編集出来る要素だけが色の付いた状態になり、それ以外は背景のように暗い表現に。

インプレイス編集の状態

ここで編集出来るのは選択したブロックを構成する要素だけです。
それ以外の要素も表示されている事はされていますが、ロックされている状態になって消したり移動したりなどの操作は出来なくなっています。

インプレイス編集では、作成したブロックだけを編集したい状態になるので、そのブロック以外の要素が編集出来るようでは逆に困るんですよね。
そう言った意味では、このインプレイス編集の動きは適切なのではないかと感じます。

このインプレイス編集状態になっている時だけは、リボンの「挿入」タブ一番右側に「参照編集」というサブメニューが表示される事になります。

「参照編集」サブメニュー

ここで修正した内容を保存して通常画面に戻る事も出来ますし、やっぱり変更するのをやめてインプレイス編修画面を閉じる事も出来ます。
もちろんブロックを編修したくてインプレイス編修機能を使っているので、何らかの編修をした後で「変更を保存」をクリックする操作が基本となるとは思いますが…

ブロックエディタでは編修するブロック要素だけが表示される事になっているので、他の部分との関わりが確認しにくいという問題があります。
しかしインプレイス編修を使うことによって、他の要素との関係も薄くですが表示されていて、確認しながらブロックを編修する事が出来るというメリットが。

こうしたメリットがあるので、私はブロックエディタよりもインプレイス編修を使う場合が多いです。
このあたりは好みがある話なので、まずは両方のやり方を試してみて、感触を掴んだあとで判断をすれば良いと思います。

関連記事

  1. ブロック名の付け方について
  2. ブロック作成の手順
  3. ブロックを他の図面にコピー
  4. ブロック挿入の手順
  5. ブロック書き出しの手順
  6. ブロック機能のまとめ