オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

図面全体を書き出す意味とは?

ブロック書き出し(WBLOCK)コマンドを使うことによって、ブロックを別の図面データとして書き出す事が出来ます。
そのブロックデータをいつでも呼び出す事が出来るように、あらかじめ決められたフォルダにデータを入れておく。

もしくは、自分で決めたフォルダに書き出したブロックデータを保存しておき、そのフォルダをオートキャド(AutoCAD)側に検索するように指定する。
そんなやり方を前回までの説明では取り上げてみました。

ちょっと難しい感じの説明になっているのは、恐らく私の説明があまり上手くないからだと思います。
実際にオートキャド(AutoCAD)を使ってやってみると、意外にという感じでかなりスムーズに設定なども完了するはず。
なので、説明を見ながら一度操作をやってみる事をお勧めします。

少し話を戻して…

ブロック書き出しをする際の画面では、どんな要素をブロック書き出しするかを設定出来る項目があったかと思います。
そこで選択肢として紹介したのは以下の項目。

・ブロック → 既に作成されたブロックを書き出す

・図面全体 → そのままですが図面全体を書き出す

・オブジェクト → ブロック書き出しするオブジェクトを画面から選択

これらの選択肢から、以前説明した時には「自分で画面上から要素を選択するのが自然」という事で、オブジェクト項目をお勧めしました。
選択肢の中には「図面全体」という項目があって、この項目を選択する場合も結構ある、という説明をしたと思います。

今回はブロック書き出し(WBLOCK)コマンドで「図面全体」を選択する状況や、その意味などについて考えてみる事にしましょう。

ブロックとして書き出したいデータがあるにも関わらず、オブジェクトを自分で選択するのではなく、図面全体を選択する。
そんな事をしたら、当たり前ではありますが、今現在の図面全部がブロックとして他の図面データとして保存される事になります。

それは単純に「名前を付けて保存」と何も変わらないのではないか…そんな事を思ってしまう方も多いのではないかと思います。
しかし実際にやってみると…

やっぱり操作の流れとしては、今作図している図面とは別に、今現在の図面全部が別ファイルとして保存されるだけ。
特に何の違いもない気がします。

ちょっと勿体ぶった表現になってます。
ブロック書き出しをした場合に「名前を付けて保存」とひとつだけ違う点が、必要なデータだけを書き出してくれる、という点。

これの何が良いの? という気がしますが、表現を少し変えると「不要なデータを消して別の図面データにしてくれる」とも言えます。
図面全体をブロック書き出しすると、何も使っていない画層とか見えないけど存在しているエラーデータなどを綺麗にした状態で別名保存してくれる、という事。

ブロック書き出しによって綺麗なデータにする

これが図面全体をブロック書き出しする場合のメリットです。

もちろん名前削除(PURGE)コマンドを使っても、同じように使っていない画層などを消す事が出来ます。
どちらが良いかを断言するのは難しいところではありますが、体感としては名前削除(PURGE)コマンドでも消えなかったデータが消える印象があります。

なので「どうしても変なデータが消えてくれない」みたいな状況になった際には、今回紹介した図面全体をブロック書き出しを試してみる事をお勧めします。
レイアウトタブなどもきちんと書き出してくれて、この操作をする事で発生するデメリットは特にないと思いますので。

と言うことで、少し長くなってしまいましたがブロック書き出し(WBLOCK)コマンドについての説明は以上になります。

関連記事

  1. ブロックがどこに保存されるか
  2. ブロックエディタの活用方法
  3. ブロック機能のまとめ
  4. ブロック作成手順
  5. ブロック書き出しの手順
  6. インプレイス編集の手順