オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

書き出したブロックの保存場所

作図している図面内だけで使えるブロックを作成するのではなく、今まで作図した図面、これから作図する図面全てに共通して使えるブロックを作成する。
その為には通常のブロック作成(BLOCK)コマンドではなく、ブロック書き出し(WBLOCK)コマンドを使う必要があります。

前回はその具体的な手順を説明しましたが、単純にファイル名やファイルを保存する場所などを指定するだけなので、特に難しい事はなかったと思います。
こうして書き出されたブロックは、どんな図面にも割と簡単に挿入できるようになるので、実際に使ってみるとかなり重宝します。

どんなブロックをいつでも挿入できるようにしておくか、というのは作図者のアイディア次第なので色々考えてみると面白いですよ。
私の場合、いつも使うような文字とか寸法スタイルとかブロックなどをひとまとめにしたブロックを作成しておき、それをいつでも簡単に挿入できるようにしています。

そうする事によって、自分が作図した訳ではない図面を編集する際にも、自分で作図を開始した時のような設定を簡単に整える事が出来ます。
せっかくブロック書き出しを使うのであれば、単純に何らかのシンボル的な図形を書き出すだけではなく、こうして設定関連も書き出しておくと便利です。

とは言っても、人が作図した図面を修正する際に、基本的な作図方針から自分の好みに変えてしまう訳にはいきません。
それをやってしまうと、図面として成立している特に修正が必要ない部分についても、見た目を整えるという個人的な理由で修正する事になってしまいますから。

それで図面の見た目が良くなるのであればOKと言いたいとこですが、そうした見た目の調整は完全に自己満足の世界なんですよね…
その自己満足のために貴重な時間を費やす事は出来ないので、自分の作図方法とかなり違う感じの図面であっても、基本的には同じ方針で修正をしていくのが基本です。

だけど作図のやり方は自分の好みで良いですし、その為に必要となる補助線などのブロックはやはりすぐに挿入出来るようにしておくと便利です。
補助線をブロックとして使うかどうかは好みの問題なので、そこまで私の好みをお勧めするのはやめておきますが。

さて、こうして便利に使用出来る書き出されたブロックデータですが、いつでも挿入出来るようにしておくには少しだけルールがあります。
「書き出したブロックを保存する場所には決まりがある」というルールです。

これはオートキャド(AutoCAD)の仕組みを考えていくと当然のことだと思います。
どの図面を開いていても必ず書き出されたブロックを挿入する為には、ある程度決められたフォルダにデータを保存しておかないとデータを見つける事が出来ないですから。

それがどの場所かというと…
まずはオプション画面を表示して一番左にある「ファイル」タブをまずは開きます。

サポートファイルの検索パス

そうすると上図のような画面が表示されて、その一番上にある「サポートファイルの検索パス」という項目があります。
その左側にある「+」ボタンをクリックすると、たくさんのパスが登録されている事が確認出来ると思います。

パスを展開した画面はユーザー名などが表示されるので、サンプルとして私のパス画面を表示する事は出来ませんが…
恐らくオートキャド(AutoCAD)がインストールされているフォルダ内にある幾つかのフォルダが登録されているはずです。

非常にシンプルなやり方としては、ここで表示されているフォルダのいずれかに書き出したブロックの図面データを保存するやり方があります。
そうすると、書き出されたブロックは自由に挿入する事が出来るようになります。

関連記事

  1. ブロックエディタの活用方法
  2. ブロック定義コマンドの手順
  3. インプレイス編集の手順
  4. ブロック書き出しによって綺麗なデータにする
  5. ブロック機能のまとめ
  6. ブロック機能