オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

データ関連機能まとめ-3

前回はオートキャド(AutoCAD)のデータ関連機能のまとめということで、データの修復や外部参照、そしてdxfデータ変換について振り返ってみました。
具体的な操作方法については特に触れていないのですが、結構紹介する項目としては量が多くてまとめるのに時間がかかりますね。

今回も引き続きデータ関連機能のまとめととして、オートキャド(AutoCAD)のバージョンによるデータの違いから紹介していきたいと思います。

データ関連機能まとめ

□バージョンによるデータ形式の違い

オートキャド(AutoCAD)は基本的に毎年新しいバージョンが発売されます。
これには「ソフトを販売する」というビジネス的な側面もありますが、新しい機能を追加したり不具合を解消したりなどの意味もあります。

今使っているオートキャド(AutoCAD)のバージョンが手に馴染んでいる、という理由で新しいバージョンを使うのに抵抗がある方は結構います。
しかし実際に使ってみると、新しく実装された機能が思いのほか便利だったりする事も多く、使ってみて良かったと感じる事が多いです。

そうした理由から、ある程度の期間で定期的に新しいバージョンのオートキャド(AutoCAD)に切り替えていくと良いのですが…
同じdwgというデータでも、データを保存したバージョンによって少しずつデータ形式が違ってくるという問題があります。

毎年ではなく3年に1回程度の頻度でデータ形式がアップしていきます。
高いバージョンで保存したデータを低いバージョンで開く事が出来ず、その逆は問題ないので、一番低いバージョンを使っている方のデータ形式に合わせる必要があります。

これは高いバージョンを使っている側で「通常どのバージョンにあわせて保存するか」を設定すれば解決するので、特に難しい話ではないと思います。
サブスクリプション契約をして常に最新のオートキャド(AutoCAD)を使う、という選択肢もコストはかかりますが有効です。

□図面データの保護

この「図面データを保護する」という部分こそが、オートキャド(AutoCAD)のデータ関連機能について説明をする際の最も重要な要素になります。
作図した図面はあくまでもデータとして保存されるため、そのデータが消えてしまうと当然図面を見る事も印刷する事も出来なくなります。

そんな当たり前の話であっても、通常はデータが消える事などないので忘れがち。
その「当たり前」をまずは疑って、万が一の事があった場合でも図面データはきちんと保護されている、という状態をつくる。
これがオートキャド(AutoCAD)のプロとして求められる事ではないかと思います。

具体的にどんな対応があるかというと…

・保存してあるデータを定期的にバックアップする

・自動保存機能を活用して万が一の事故に備える

・バックアップファイル「.bak」も並行して使っていく

というような機能が用意されています。
オートキャド(AutoCAD)のデータを守る為には、上記の中でどれかを選択するのではなく、全てのやり方を併用していくのが確実です。
それぞれの項目を実行する為に膨大な時間が必要になる、という話ではありません。

仕事をしている中のちょっとした時間で設定などは出来るので、まずはそれぞれのやり方をしっかりと把握して使いこなしていくのがベストではないかと思います。
こうしたちょっとした設定によって、なくなったと思っていた図面データを開く事が出来たのなら、それはもうこれらの機能を充分に活用している事になります。

関連記事

  1. 外部参照が切れている場合
  2. 古いバージョンで図面を保存
  3. 設定の数が多すぎると不便
  4. 外部参照のパスを変更する方法
  5. 新規作成コマンド
  6. 定期的なバックアップ