オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

データ関連機能まとめ-2

前回はオートキャド(AutoCAD)のデータ関連の話について振り返りつつまとめてみましたが、まだ途中なので今回も引き続きデータ関連のまとめをしていきます。
名前削除についての話まで進んできたので、今回はその続きから。

□データの修復

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を作図していると、時には変なエラーデータが混入する事があります。
なぜそんなデータが入ってくるのか、という理由はひとつではありませんが、主に他の図面からのコピーペーストなどが原因ではないかと思います。

ただ、その理由を深く研究していくよりも、もしエラーデータが入ってきた場合に、その都度対処をしていく方が健全ではないかと思います。
原因の追及も大事ではありますが、そこに時間をかけすぎるのであれば、その都度対処していく考え方でも良いでしょう。

そうしたエラーデータの対処をする為に、オートキャド(AutoCAD)では「修復」と「監査」という機能を用意してくれています。
どちらの機能も図面内にあるエラーをチェックしてくれて、もしエラーがあればそれおw修復してくるれるという便利な機能です。

何が違うのかというと、「監査」は今現在開いている図面のエラーをチェックしてくれる機能で、「修復」は改めてエラーチェックする図面を選択するという違いがあります。
どちらを使っても構いませんので、もし「ちょっと変だな…」と思うような雰囲気を察した時には、まず「監査」を使ってみる事をお勧めします。

□外部参照

オートキャド(AutoCAD)には別のデータとして作図した図面を、今の図面にリンクしながら貼り付ける事が出来る機能が用意されています。
それが「外部参照」という機能で、単純に図面をコピーペーストで貼り付ける操作と一見似ていますが、実際にはかなり違っている機能です。

別の図面ファイルが「最新情報とリンクされながら」別の図面に挿入出来る。
これが外部参照の非常に便利な部分ではないかと思います。
この便利さは実際に使ってみると実感出来るはずなので、使う機会があれば積極的に試してみる事をお勧めします。

ただ、外部参照する際にはファイルの保存場所やファイル名など、ある程度守らなければならないルールが存在します。
そのルールを破ってしまうと外部参照ファイルが読み取れない状態になってしまうので、複数人数で図面データを編集する場合などで注意が必要です。

□DXFという中間ファイル

他のCADで作図した図面を読み込みたい場合、そしてオートキャド(AutoCAD)で作図した図面を他のCADで読んで欲しい場合。
仕事でCADを使っているとそんなシーンが結構出てきます。
そんな時に活躍するのが、中間ファイルと呼ばれる「.dxf」という拡張子の図面データです。

オートキャド(AutoCAD)ではdwgデータの読み込みと書き出しが出来て、それ以外にdxfデータの読み込みと書き出しが出来る。
他のCADでもそのCAD特有の図面データを読み込んだり書き出したりが出来て、それ以外にdxfデータの読み込みと書き出しも出来る。

dxfデータというのはそうした位置づけにあるデータで、そのCADのデータもdxfというファイル形式を経由することでお互いのデータを開く事が出来ます。
ただしdxfデータを経由すると、そのCAD特有の機能などは保持されないという欠点もあります。

例えばオートキャド(AutoCAD)であれば、外部参照機能などはdxfデータを経由するとなくなってしまいます。
とは言っても線分や文字などの一般図形に関しては、ほぼ間違いなく変換されてくるので、実際には非常に便利な機能だと言えるでしょう。

関連記事

  1. 名前を付けて保存も使いどころが重要
  2. 外部参照の問題点
  3. データ関連機能まとめ
  4. データ関連機能まとめ
  5. 自動で保存する機能
  6. 外部参照画面の項目