オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

自動保存ファイルからの復旧方法

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描いていると、スポーツ選手の「ゾーン」という程のものではありませんが、集中して作図が出来る時があります。
単純に操作のスピードがアップして、しかもその操作には無駄がない、というような状態が継続しているので、作図はどんどん進んでいきます。

しかしそんな時に限ってデータの保存をすっかり忘れている、という事が時にあったりします。
作図作業に無駄がない状態ということはつまり、作図を進める機能ではない図面データの保存をあまり意識しない状態なのかも知れません。

逆に、作図に集中出来ていない状態だと、何度も図面データを上書き保存したり、あるいはメールのチェックを頻繁にやったりする気がします。
これは単純に集中力が足りないだけの話かも知れませんが…

作図に「乗っている」状態だと図面データの上書き保存を忘れがち、というのは結構ありがちな話ではないかと思います。
そしてそんな時にパソコンの電源が切れてしまったりすると、朝から全然データを保存していない事に気がついたりします。

そうした状況で役に立つのが自動保存機能で、最初にきちんと設定をしておく事で、こうした信じられない不運を回避する事が出来ます。
あまり頻繁に自動保存機能に頼るようでは困りますが、本当に万が一の状況になった時には、きちんと自動保存機能を生かしたいところです。

前回はそうした自動保存機能の設定方法を紹介しました。
今回は、万が一トラブルが発生してパソコンの電源が落ちてしまった際に、自動保存の機能を使って図面データを復旧する手順について説明をします。

まず、パソコンの電源が落ちたとか、パソコンが動かなくなってしまい電源を切るしかなくなって、その結果図面データの保存が出来なかった場合。
そんな状況になると、自分ではあまり意識しないかも知れませんが、恐らくはかなり焦っている状況なので、まずは落ち着いてやることを整理します。

・パソコンの電源を入れる

・オートキャド(AutoCAD)はまだ起動しない

・まずは作図していた図面の更新時間を確認(どの程度作業が戻るかを把握)

・それほど影響がない程度の時間であれば、その図面データを開いて作図を再開

・そうでなければ自動保存データの更新時間を確認

・そのデータを一時的にデスクトップなどにコピー

・自動保存データの拡張子は「sv$」なので、これを「dwg」に変える

・そのdwgデータを開いて元々の図面より作図が進んでいるか確認

・自動保存データの方が進んでいる場合はファイル名も変更してデータを更新

というような流れで進めるのが良いと思います。
まずは落ち着いて、今作図している図面データの更新時間を確認し、自動保存データの更新時間と比較して、新しい方を生かす。

そうすることによって、データを保存していないために失われる作図時間を最小限に抑える、というのが自動保存機能の役割です。
通常であればデータの拡張子を変えることは推奨しません。
しかし自動保存データの拡張子は「dwg」ではなく、下図のように「sv$」なんです。

自動保存ファイルの拡張子

この「sv$」形式の図面データは、そのままでは図面データをきちんと開くことが出来ないため、拡張子を「dwg」に変えてあげる必要があるんです。
ファイル名も自動で少し変わった名前が付けられるので、拡張子を変えるついでにファイル名も正式な図面名に変えてしまいましょう。

そうすれば、その後はもう自動保存データと認識される事もなく、正式な図面データとして編集していく事が出来ます。

関連記事

  1. 仕事は時間が重要になる
  2. データ関連機能まとめ
  3. 外部参照の問題点
  4. 図面ファイルを開くコマンド
  5. dxf変換の問題点
  6. 図面データのエラーチェック