オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

自動保存という機能

AutoCAD(オートキャド)を使って作図した図面は「dwg」という拡張子のデータとして保存される事になります。
そのデータをうっかり消してしまうと図面が消えてなくなってしまう、というのは結構普通の事で、非常に怖い事でもあります。

こうした危険性についての話は、別にAutoCAD(オートキャド)だけに限った話ではありません。
紙なのかデータなのかの違いがあるだけで、その媒体を消してしまうと図面がなくなってしまうのは手描きもCADも一緒ですから。

でも、例えば仕事をしていてうっかり紙の図面をゴミ箱に放り込んでしまうとか、うっかり燃やして消滅させてしまうとか。
そんな激しい間違いをすることってないですよね。

もし「やったことがあります!」という方がいたら。
それはきっと、図面をなくしてしまいたい! という明確な意志があって、それを行動に移したのではないかと思います。
うっかり図面を燃やしちゃいました…という方と一緒に仕事をするのは怖すぎです。

それに比べるとCADデータを消す為の行動はかなり簡単です。
AutoCAD(オートキャド)の図面データを消してしまうには、うっかり「Delete」キーを押して「OK」を押すだけ。

紙の図面を燃やしてしまう行動に比べると、指先だけで出来てしまう行為なのでかなりハードルが低くなっています。
つまり、それだけ注意深く管理していく必要があるという事と、消してしまう可能性を考慮した対策をとっておく必要があるという事です。

また、図面をデータで管理していく中で怖いのは、自分でデータを消してしまう事だけではありません。
こちらには責任がないにも関わらず最新の図面データがなくなってしまう、というのは結構ある話なんです。

例えば、パソコンに何らかのトラブルが発生して、今まで作図していた図面が保存されないままパソコンが動かなくなってしまうとか。
落雷によって発生した停電によって問答無用で電源が落ちてしまい、やはり図面データを保存していなかったとか。

仕事中に突然掃除をしたくなって、掃除機をかけていたらOAタップのスイッチに掃除機があたってスイッチが切れてしまったとか。
最後のはこちらに責任がありそうな気がしますが…パソコンを使っていると、時にはそうした問題があるんです。

そうしたトラブルは作図する側ではどうしようもないですが、可能性としては考えられる事態なので対策を取っておく必要があります。
その対策方法として考えられるのが、今回紹介する「自動保存」という機能です。

自動で保存する機能

自動保存機能というのはその名前の通り、AutoCAD(オートキャド)が自動で図面データを保存してくれるという非常にありがたい機能です。
この機能を使う事によって、突然発生するトラブルに対して、最小限のダメージで切り抜ける事が出来る…可能性があります。

もちろん完璧な機能ではありませんけど、トラブルに対して100%の保証があるような機能なんて存在しません。
もしあったとしても、それは恐らく非常に面倒なシステムになるはずで、実際に使うには耐えられないものになると思います。

自動保存機能のイメージとしては、何らかのトラブルが発生した際に、半日分の作業データが消えてしまうところを、30分程度のデータ消失で済んだ、という感じです。
それでも実際に経験してみると、非常にありがたい機能だと感じるはず。

なので、この自動保存機能をきちんと設定しておき、万が一があった際にはその機能をきちんと理解してある程度まで図面を復旧する。
そんな使い方が良いのではないかと当サイトでは考えています。

関連記事

  1. dxf変換の問題点
  2. データの保護が一番の目的
  3. 設定の数が多すぎると不便
  4. 名前を付けて保存も使いどころが重要
  5. データの上書き保存
  6. データ関連機能まとめ