オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

万が一データが消えてしまうと…

オートキャド(AutoCAD)で作図した図面はいわゆる「電子データ」なので、消えてしまうともう何も対処が出来ません。
パソコンが壊れてしまうリスク、もう少し細かく言うとパソコン内部にあるデータを保存する部分が壊れてしまうリスクを考えると、やはりデータは万が一に備えておいた方が良い。

前回はそんな話を紹介しました。

当サイトの主なテーマは「オートキャド(AutoCAD)を使いこなす事によって、作図の効率を高める」というものです。
しかし「作図した図面データを保護する」というのは、作図の効率化に直接寄与するようなものではないのでは…

そう感じる方もいらっしゃるかも知れません。
でも、実際に作図した図面データが消えてしまう状況に遭遇すると、少しの無駄をなくして素早く図面を描く、という事なんて関係なくなるくらいのショックを受けます。

時間的なダメージもそれと同じような話が言えます。
少し人よりも手を早く動かして、他の方よりも2時間くらい早く作図が完了しても、データが消えてしまうとそれはもう「些細な事」になってしまうんですよね。

これは実際に経験してみると非常によく分かるというか、もう「痛感させられる」という感じで、もちろん経験しない方が良いのは間違いありませんが…
長いことオートキャド(AutoCAD)を使って仕事をしていると、やはりそうした経験をする事になる可能性はどうしても高くなります。

そうなったときにショックを受けない為には、人の失敗経験を生かして対策をとっておくのが正解ではないかと思います。
私は作図したデータを機器トラブルによって完全に消してしまった経験がありますが、これはもう二度と経験したくないような悲惨な状態でした。

私はそんな厳しい経験を踏まえて、やっぱり当たり前の事を確実に実行した方が良いんだな…という結論に至りました。
図面データはひとつの場所だけに保存しておくのではなく、常にバックアップを取っておくべき、という当たり前の結論に。

定期的なバックアップ

これは実際に仕事をしていると、忙しさもあってなかなか出来そうで出来ない事なんですけど、後々の事を考えるとマメにバックアップを取っておくのは非常に重要です。
皆が出来そうで出来ない事であれば、それを確実に実行する事ができれば、そこには結構大きな価値があるという話もありますし。

セキュリティなどの問題や複数の人数で同じプロジェクトに取り組む事などから、社内サーバー上に図面データを保存する場合が多いかも知れません。
そうした専用のサーバーであれば、常にバックアップを取りながら運用しているとは思いますが…

それでもやはり自分が作図している図面データは、ある程度万が一の事を考えて、定期的にバックアップ保存しておく事をお勧めします。
図面データの特徴として、もう消えてしまう時は完全に消滅していて、何の余韻もないというか何の断片も残っていない状態になってしまいますから。

データが消えてしまうと「印刷した図面だけは残っているけれど、その図面データはどこにも存在しない」というかなり寂しい状態になってしまいます。
そうなるともう一度手間をかけるかコストをかけるかのどちらかを選択して、その図面をもう一度「CAD化」していく作業が必要になります。

当たり前の話ですが、そうした手間は完全に「データさえ無事だったら不必要だった作業」です。
そうした無駄をなくすためにも、やはりある程度の頻度で自分が作図している図面のデータはバックアップしておく事をお勧めします。

関連記事

  1. dxf変換の問題点
  2. 自動保存ファイルからのデータ復旧
  3. データ関連機能まとめ
  4. 図面データについて
  5. 自動で保存する機能
  6. データの上書き保存