オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

サブスクリプションという解決策

新しいデータ形式に対応する事が難しくなるという理由だけではなく、オートキャド(AutoCAD)が新しく用意している機能を使う機会が得られない。
古いバージョンのオートキャド(AutoCAD)を使い続けるのは、確かに慣れているからスムーズに使えるというメリットもありますが、やはりデメリットもあるものです。

なので、ある程度の周期でオートキャド(AutoCAD)を新しいバージョンに変えていく、という事をプロであれば意識した方が良いと当サイトでは思っています。
昔のバージョンに愛着があるというのは、私もそうなのですごく理解出来ますが、新しいバージョンでもそこまで大きくは変わらないものです。

もちろん新しい機能が全て便利だとは全然言えない、という現実はあります。
でも新しい機能の中には結構便利な機能もあって、それを使うと仕事がよりスムーズに進められる、というくらいは言っても良いと思います。

毎年常に最新のバージョンに更新する、というような最先端ではなくても大丈夫で、ある程度のサイクルで定期的に更新していくようなイメージが良いと思います。
もちろんそうしたソフトの更新にはコストがかかる訳で、そうした事情を全て無視して「古いバージョンにこだわるのはちょっと…」というのは乱暴な話です。

でも、やっぱりオートキャド(AutoCAD)でお金を稼ぐプロであれば、ある程度の投資は必要経費ではないかと感じます。
そのあたりのバランスは結構難しいもので、これが正解という確固たる回答がある訳でもないので、それぞれの状況で考えてみるしかありません。

こうしたオートキャド(AutoCAD)のバージョンについての話は、やはりお金に大きく絡んでくる部分なので断言するのは難しいですが…
オートキャド(AutoCAD)には「サブスクリプション」という契約があって、年間いくらという金額でソフトの使用権を購入する事が出来ます。

サブスクリプションという選択肢

サブスクリプションというのは、ソフトを利用する期間に応じて料金を支払う方式で、最近のソフトはこうした形式になっている事が多いですね。
昔はかなり高額なソフトを購入するスタイルで、何十万などの正解で出費が発生したのですが、それに較べれば最初の支払いは少なくて済むというメリットがあります。

他にもサブスクリプションのメリットは多いです。

例えばソフトを購入する方式であれば、そのソフトのバージョンが古くなった際に、バージョンアップをする為にまたお金が必要になってしまいます。
しかしサブスクリプション契約をしている状態であれば、常に最新バージョンのオートキャド(AutoCAD)を使う事も可能です。

常に最新というのは少し極端な話ではありますが、それなりに新しいバージョンを使い続ける事が出来るというのはかなり大きなメリットだと言えるでしょう。
具体的なサブスクリプションの値段を調べてみると…

オートキャド(AutoCAD)LT → ¥45,360 / 1 年

オートキャド(AutoCAD) → ¥169,560 / 1 年

という感じで、レギュラー版と呼ばれる機能をフルに使える製品で年間17万円程度、月額にして1万5千円程度の出費になっています。
3D機能など使えない機能がある廉価版のLTであれば、年間で5万円弱、月額にして5千円程度でオートキャド(AutoCAD)を使う事が出来ます。

これを高いと感じるか安いと感じるかは人によって違うので何とも言えませんが、仕事で使うツールとしてはそれほど高額な出費ではないと思います。

関連記事

  1. 自動保存ファイルからのデータ復旧
  2. データ関連機能まとめ
  3. 外部参照の設定色々
  4. パソコンによって絶対パスは違うので…
  5. dwgというデータ形式
  6. 図面データについて