オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

古いバージョンに合わせる場合でも…

オートキャド(AutoCAD)を使ってどんな図面を作図するのか。
それによって多少は違ってくるはずですが、ひとつのプロジェクトで必要な図面を全て一人で作図する、というような事は少ないと思います。

そうなると色々な方と図面を描いていく事になって、そうなると様々なバージョンのオートキャド(AutoCAD)で作図をする事になります。
その状況で全ての方が図面データを開ける状態にする為には、古いバージョンに合わせてデータを保存する設定にするのが一般的です。

新しいバージョンのオートキャド(AutoCAD)には、古いファイル形式で図面を保存する設定がある、というのは前回紹介した通りです。
古い形式で図面を保存しても、そこは同じオートキャド(AutoCAD)で作図しているデータですから、dxfデータのように変な状態になる事はありません。

ただし、いくら古いバージョンを使っている方に合わせる方が良い、とは言ってもそこには限度というものがあります。

今で言えば最新バージョンが2017なので、2013形式とか2010形式でデータを保存する分には大きな問題にはならないでしょう。
でも、例えば2000形式に統一するとか、もっと古くR14形式で保存するとかになると、それはさすがに古すぎるので良くないです。

古いバージョンが常に良い訳ではない

仕事でオートキャド(AutoCAD)を使っている訳ですから、ある程度バージョンアップのタイミングはずれてくるのは仕方がありません。
でも、2017バージョンが出ている状況で、いまだに2000バージョンを使っている方がいたとしたら、それはさすがにプロとは言えません。

もちろん2000バージョンでも線を引く操作は同じだし、図面を印刷する手順も同じなので、作図する図面に大きな問題はありませんが…
10年以上同じパソコンで、なおかつ同じバージョンのオートキャド(AutoCAD)で作業をしているという事です。

それはつまり、プロとして使うツールに気を遣っていないか、もしくはそこに投資をしていないか、新しい機能に挑戦する気持ちがないか。
理由がどれであっても(あるいはその全てなのかも知れませんが…)、図面を描く事を仕事としているプロとしては、かなり寂しい話である事は間違いありません。

例えば2000バージョンは私もかなり愛用していた事がありますが、ブロックエディタなどの便利な機能はまだ実装されていません。
コマンドの実行方法として、当サイトでも説明に使っている「リボン」というインターフェイスも2000バージョンには当然存在していません。

それが不便な状態なのかというと、2000バージョンを使っている方からすれば「全然問題なく作図出来るからOK」という事になるとは思います。
でもその「問題ない」は、もしかしたら新しい便利な機能、作図の効率が上がるような便利な機能を知らない状態での「問題ない」なのかも知れません。

古いバージョンにこだわっている状態が、全てのバージョンを試してみた結果として、やっぱり古いバージョンが便利だという結論であれば問題はありません。
まあパソコンのOSが対応していないなどの問題はありますけど…

でも恐らく古いバージョンを使っている方は、新しいバージョンの便利な部分に目を向けていない状態で古いバージョンを使っているパターンが多いのではないかと思います。
それでは図面を作図するプロとして進化がないので、やはり毎日使うようなツールにはある程度気を遣った方が良いのではないか。

少し極端なのかも知れませんが、当サイトではそんな考え方をしています。

関連記事

  1. 外部参照機能の使い方
  2. 設定の数が多すぎると不便
  3. 仕事は時間が重要になる
  4. 図面データについて
  5. 定期的なバックアップ
  6. データ形式の違い