オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

DXFデータの存在について

オートキャド(AutoCAD)で作図した図面データを他のCADで開く、もしくは他のCADで作図したデータをオートキャド(AutoCAD)で開く。
CADを使って図面を作図している仕事をしていると、必ずこうした場面が出てくる事になり、そこで必要になってくるのがデータ変換になります。

オートキャド(AutoCAD)で作図したデータの形式は、以前も紹介したように拡張子が「dwg」になっています。
しかし他のCADで作図したデータがどうなっているかというと…

有名なフリーソフトのCADであるJW_CADのデータ形式は「jww」になっているし、ベクターワークスというCADは「VWX」という拡張子が使われています。
設備系のCADでよく使われるCADWe’ll Tfasの場合は「tfs」という拡張子が使われていたりして、どのCADも「dwg」という拡張子を採用していません。

要するに全てのCADで異なるデータ形式が採用されているという事ですが…
これはそれぞれのCADを開発・販売しているメーカーが違っているので、同じデータ形式に統一する事が出来ないのは当然の事だと言えるでしょう。

例えばの話ですが、仮に私が全く新しいCADを開発して販売しようと考えた時に、そのCADで作図したデータの形式をどうするか…
少し想像してみると、やっぱりそのCADの特性を充分に生かす為に、恐らくオリジナルのデータ形式を採用するのではないかと思います。

せっかく新しいCADを開発すると言うのに、データ形式はオートキャド(AutoCAD)に合わせて考えるか…という選択肢はないですよね。
そこで既に自分の開発するCADとオートキャド(AutoCAD)の間で、何となく上下関係が出来てしまっている気がしますし。

これは少し乱暴な例ではありますが、世の中に存在するCADが全て統一したデータ形式になるのは、非常に難しいという事だけは伝わるかと思います。
そうする為には、恐らくどこかの企業が全てのCAD企画を統一、例えば全ての企業がオートキャド(AutoCAD)を使うようにする必要があります。

まあそれは現実として難しいですよね。

異なるCAD同士でデータのやりとりをする事は避けられない、という事がまずは前提としてあるので、その中で業務を円滑に進めるにはどうすれば良いか。
そんな事を考えていくと、今回紹介する「dxf」という中間ファイルの存在がひとつの解決案として登場してくる事になります。

中間ファイルというのは正式な呼び方ではないかも知れませんが、ニュアンスとしては以下のような感じになります。

オートキャド(AutoCAD)では「dwg」というデータ形式と「dxf」というデータ形式を読み込んだり書き出したりが出来る。
一方でJW_CADのデータ形式は基本的に「jww」ではあるけれど、一応「dxf」データも読み込んだり書き出したり出来る。

と言うことは、とりあえず「dxf」というデータ形式に書き出しておけば、相手のCADがどんな種類であっても読み込む事が出来る、という感じです。
ただし、データ形式「dxf」をメインのデータ形式としているCADは存在していなくて、あくまでも「dxf」でも読み込めるという位置づけ。

これが「dxf」データを中間ファイルと呼ぶ大きな理由です。
この「dxf」をどのように使っていくのか、という部分については次回にもう少し詳しく説明をしていこうと思います。

関連記事

  1. サブスクリプションという選択肢
  2. データ形式の違い
  3. 他の図面を参照する機能
  4. 設定の数が多すぎると不便
  5. 外部参照の問題点
  6. 外部参照画面の項目