オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

外部参照の問題点について考える

まだまだ詳しく説明する項目はあるものの、オートキャド(AutoCAD)の外部参照機能について、初歩的な部分は説明が出来ました。
作図している図面の中に他の図面データを表示させて、しかもその内容は常に最新情報として更新してくれる。

これが外部参照の非常に便利な機能です。

上手く使いこなす事が出来れば、この外部参照機能は作図をする際に大きな武器になってくれることでしょう。
外部参照のファイルを選択したりパスを指定したりなど、設定が必要な項目が結構たくさんありますが、基本的な部分を覚えてしまえば大丈夫です。

当サイトでは何度も書いている気がしますが…
設定すべき項目が色々ありすぎると、時には「こんなに覚える項目があるのか」と感じてしまい、面倒くさく感じてしまうものです。

しかし実際にそれらの設定を覚えてしまうと、色々と調整が出来て助かったり、操作の選択肢が多くて嬉しいという感覚になるんですよね。
なので、最初に少し時間と手間をかけてでも、色々な設定とその内容を覚えてしまう事を当サイトではお勧めしています。

何も設定出来なくてシンプルな機能というのは、良く言えばシンプルという事ではありますが、要するに「違う事が何も出来ない」という事を意味している訳です。
そうしたシンプルな機能しか用意されていないとしたら、きっと操作に慣れてくるにつれて自由度の少なさから不便に感じてしまうと思います。

まあこれはあくまでも理屈であって、感情的にはどうしても「難しくて面倒くさい」というイメージがつきまとう外部参照ですが…
上手いこと使いこなす事が出来るように、まずは実際の図面で色々と試して失敗などを繰り返していくのが結局は覚える近道だと思います。

今回は外部参照機能の再度という事で、外部参照が持っている問題点について少しだけ考えてみる事にしましょう。
オートキャド(AutoCAD)の中で非常に便利な機能として用意されている外部参照ですが、その反面ちょっと困る部分も少しあるんです。

・少し高度な機能なので「外部参照って何?」という方も中にはいる

・パスが変わって外部参照が切れてしまう場合がある

・ファイル名を変えると外部参照が切れてしまう

私が感じる外部参照の「困った…」というパターンは上記のような感じで、まあやっぱりパスとファイル名の問題が大きいと感じます。
オートキャド(AutoCAD)の図面データには、出来れば更新した日付などを入れて管理したくなるものですが…

定期的に日付を更新する図面を外部参照すると、日付が違うファイル名になっている事が原因で外部参照がその都度「見つかりません」になってしまうんですよね。
それを自分で参照しなおす分にはすぐに出来るので別に構わないのですが、あまりオートキャド(AutoCAD)に詳しくない方にデータを送る場合に少し困ります。

自分で線を引くことも出来るし印刷も出来る、という感じでオートキャド(AutoCAD)を使っている方でも外部参照には拒否反応を示す場合があります。
そうなると「外部参照のパスを指定」とか「相対パスに設定しているから同じフォルダにデータを保存する」という説明が難しくなります。

もちろんもう少し分かりやすい説明もあるとは思いますが…

単純にオートキャド(AutoCAD)のデータを開くだけではなくなってしまい、データの保管場所などの要素が入ってくる外部参照は、やっぱり少し一般的とは言えない機能なんですよね。
非常に便利ではあるけれど取っつきにくい、というあたりが外部参照の欠点ではないかと思います。

関連記事

  1. データの上書き保存
  2. データ関連機能まとめ
  3. データ形式の違い
  4. バックアップファイルの設定
  5. 新規作成コマンド
  6. dwgというデータ形式