オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

外部参照のパスを変える方法

外部参照パレットに表示されている色々な項目がどのような役割を持っているのか、というあたりの話を前回は取り上げてみました。
意外にたくさんの項目があって戸惑うかも知れませんが、実際にはそこまで複雑な項目はないので、割とすんなりと覚えられると思います。

今回は最後に残った外部参照パレットの項目「保存パス」について考えてみたいと思います。
外部参照のパス設定「絶対パス」と「相対パス」の違いは以前も説明しましたが、今回はこの外部参照パレットでパスの切り替えをする方法を紹介します。

まずは外部参照パレットがどんな状態になってるかを確認してみましょう。

は外部参照パレットの状態

保存パスとして「D:\cad\別のファイル名.dwg」という表示がありますが、この表示を見ると絶対パスの設定になっている事が分かります。
Dドライブ内にある「cad」というフォルダに入っている「別のファイル名.dwg」という図面データを外部参照します、という設定です。

これは私のパソコン内にあるDドライブに自分で「cad」というフォルダを作成して、そこにデータを保存したのでこのような表示になっています。
しかしこの状態で保存されたデータを相手にメールで送付した場合の事を考えると…

メールを受け取った相手が図面データを保存する場所は、一時的に保存するという意図でデスクトップになるかも知れません。
そうなるとここで設定された外部参照のパスは全然見つからない、という当たり前の結論になり、当然外部参照は上手く表示されない事に。

こうした状況は、仕事でオートキャド(AutoCAD)を使っている方なら分かる「外部参照あるある」ではないかと思います。
図面を描いている誰もがDドライブにCADデータを保存する訳ではないし、フォルダ名も「cad」では全然漠然として良くないし…

という事で、出来れば外部参照のパスは「相対パス」に設定しておく方が良いのではないかと当サイトでは考えています。
外部参照のパスを絶対パスから相対パスに変更する方法は割と簡単で、参照名あたりで右クリックすると表示されるメニューの一番下にある「パス」という項目。

相対パスに設定を変更

その中にある「相対パスに変更」をクリックすればOK。

外部参照のパスが変更された

保存パスが「.\別のファイル名.dwg」という表示になりましたが、これは外部参照をした元の図面データがある場所と同じフォルダという意味があります。
外部参照した元の図面データというには今作図している図面の事です。

そのデータがあるフォルダに「外部参照」というフォルダを作成し、そこに「別のファイル名.dwg」を入れて外部参照した場合…
保存パスは「.\外部参照\別のファイル名.dwg」という表示になります。
何となく相対パス表示のルールは分かってきたのではないかと思います。

相対パスを指定する際には、先ほども書きましたが「今作図している図面」を保存しているフォルダにある程度近い場所が良いです。
例えば同じフォルダにあれば外部参照されるとか、その下に用意した「外部参照」というフォルダから外部参照するとか。

そのあたりが分かりやすいパスの関係になると思います。
こういう関係にしておけば、外部参照する図面とセットでデータを送って「二つのデータを同じフォルダに入れてください」と言えば、送られた側でも外部参照の関係は継続します。

外部参照している図面が表示されないという事は、つまり図面の中で何らかの情報が抜け落ちているという事を意味します。
それでは図面として不完全というしかない状態なので、こうした「外部参照が切れている」状態は避けるようにした方が良いです。

関連記事

  1. データのバックアップについて考える
  2. データ関連機能まとめ
  3. バックアップファイルの設定
  4. 図面データについて
  5. 図面データのフォルダ分け
  6. 古いバージョンで図面を保存