オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

外部参照画面の項目について

前回までの説明で、オートキャド(AutoCAD)の外部参照機能の考え方と基本的な設定について説明する事が出来ました。
幾つかある外部参照の設定を調整した後の状態はこんな感じになります。

外部参照設定調整後

それぞれの設定項目については前回までの説明で取り上げているので省略して、この状態で下側にある「OK」をクリックすれば外部参照の操作としては完了です。

外部参照が完了したパレット

このように「別のファイル名.dwg」という図面データが外部参照パレットに追加されました。
ここでそれぞれの項目について簡単に説明してみると…

□参照名

ここには基本的にオートキャド(AutoCAD)の図面ファイル名が入る事になります。
今回の例で言えば「別のファイル名.dwg」という図面データを外部参照した為、参照名もそのまま「別のファイル名」になっています。

□状態

この項目には、それぞれのファイルがどのように処理されているか、というファイルの状態が表示される事になります。
上図では「ロードされました」という状態になっている訳ですが、この外部参照の状態を変える為、参照名のあたりで右クリックしてみましょう。

外部参照したファイルを右クリック

上図のように幾つかのメニューが表示されるので、その中から「ロード解除」という項目を選択してみると…
読んだままの動きではありますが、外部参照の図面がロードされない状態、つまり図面データを呼び出さない状態に変わります。

ロード解除した状態

そうなると状態は「ロードされていません」という表示に変わります。
これは外部参照が切れている訳ではなく、単純に外部参照する図面データを読み込まない状態にしているだけです。

再ロードを選択

ロード解除された状態で、再度参照名付近で右クリックをすると「ロード解除」の下に「再ロード」という項目がある事が分かります。
ここで「再ロード」をクリックすると、先ほど指定した外部参照の図面データが改めてロードされて表示されるようになります。

このように外部参照には幾つかの状態があって、この状態項目ではそれぞれの参照図面がどのような状態になっているかを確認する事が出来ます。

□サイズ

ここにはそれぞれの図面データがどの程度のデータ量なのかが表示されます。
サンプルで表示している「解説.dwg」と「別のファイル名.dwg」というデータは、実はほとんど同じ図面データなので、当然サイズはほぼ同じになっています。

この項目を見る機会はそれ程多くはありません。
データの容量が大きい場合は外部参照する場合も少し時間がかかるので、サイズを見て「ちょっと時間がかかるかな」と心の準備をするくらいですね。

□種類

ここで表示されるのはそれぞれの図面データがどんな種類なのか、です。
もう少し具体的に言うと、今現在開いている図面は「現在の図面」になっていて、外部参照されている図面は「アタッチ」もしくは「オーバーレイ」になっているという感じです。

外部参照している図面がアタッチなのかオーバーレイなのかをここで確認する訳ですが、設定を変えたいと思ったらここで簡単に変える事が出来ます。
参照名あたりで右クリックして表示されるメニュー内にある「外部参照の種類」を選択すると…

外部参照の種類

上図のように「アタッチ」と「オーバーレイ」項目があるので、設定を変えたい場合はそれぞれの項目を選択してあげればOKです。

□日付

ここでは図面データがいつ保存されたのか、という日付が表示されます。
正直なところ、この項目を見てどうこうという話はないので、私はあまり重視していません。

サンプル画像で日付の項目が狭くなっていて読めない状態なのは、画像をキャプチャした日付を分からないようにしたいという事もありますが、別に読めなくても問題ないという気持ちもあります。

関連記事

  1. 仕事は時間が重要になる
  2. 外部参照が切れている場合
  3. dxfデータの読み込みと書き出し
  4. 外部参照の設定色々
  5. たくさんある設定を整理
  6. DXFデータ変換