オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

外部参照のパスについて考える

オートキャド(AutoCAD)で作図した図面を外部参照する際に、どのような設定で図面データを参照する事が出来るのか。
前回はそのあたりの細かい設定について色々と紹介をしてみました。

今回は外部参照メニューで設定出来る項目として、前回説明を割愛させてもらった「パスの種類」について考えてみたいと思います。
この設定は少し地味ではありますが、外部参照の特徴や欠点などに大きく絡んでくる設定なので、ここでじっくりと説明をしていきます。

□パスの種類

ここで設定出来るのは、外部参照する図面データの「パス」をどのような考え方で保存しておくか、という部分です。
パスとは「ファイルのある場所までの経路を示すための文字列で、ファイルの住所のようなもの」を意味しています。

つまり図面データがどんなフォルダに格納されているか、という設定ですが、そんなパスの種類として選択出来る項目は以下の通りです。

パスの選択肢

これもあまり分かりやすいとは言えませんが、それぞれの項目についてここで説明をしてみます。

「絶対パス」というのは、その図面データが格納されている場所を完全に記憶しておくという事で、ドライブ名からファイル名までの全てという感じです。
「相対パス」というのは、現在の図面ファイルの位置に対してどんな関係になっているかを意味していて、例えば「外部参照する図面データは参照元の図面と同じフォルダ」という感じです。

「パスなし」という項目はあまりお勧め出来ないので省略するとして、この「絶対パス」と「相対パス」の違いは何となく伝わったでしょうか。
読んでみると結構微妙な違いですよね。

当サイトでは、そこまで完全ではありませんが、どちらかと言うと「相対パス」で外部参照をした方が便利ではないかと考えています。
絶対パスの設定にした場合、他の方に図面データを送付した先で結構困ることになってしまう、というのがその理由です。

例えば図面データを保存する具体的な場所というのは、人によって、というかパソコンの環境によって少しずつ違ってくるものです。
人によってはCドライブに図面データを保存したり、Dドライブに図面データを保存したり、あるいは社内ネットワーク環境にデータを保存したり。

それぞれ保存するドライブ名とフォルダ構成というのは、パソコンによって微妙に違ってくるのが当たり前の設定です。
そんな状況で「絶対パス」設定にしていると、他の方にデータを送付した際に「そんな場所に図面データなど存在しない」という事になってしまうんです。

それならば「相対パス」に設定しておいて、参照元の図面データと同じフォルダにある図面を外部参照している、という方が間違いなく分かりやすいはず。
この場合はデータを保存しているドライブが「C」でも「D」でも、あるいは社内ネットワークで使用している「Z」でも問題ありません。

図面ファイルを同じフォルダに入れておけば勝手に外部参照してくれる、というような設定が相対パスでは可能なんです。
恐らくこの方がシンプルだし分かりやすいし、さらに言えばその方が絶対的に便利になるはずなので、外部参照をする場合は「相対パス」に設定しておく事を当サイトではおすすめします。

この設定は後でも変更する事が出来るので、外部参照しているはずの図面が全然表示されなくて困る、というような状況でこの設定を思い出して頂ければと思います。
実際の仕事でも外部参照を使う機会は結構ありますが、この機能で一番の問題なのは「パスが違っていて外部参照の図形が表示出来ない」という部分。

そうならない為の「パスの種類」設定なので、絶対パスと相対パスの違いについてここでしっかりと覚えておく事にしましょう。

関連記事

  1. データ関連機能まとめ
  2. 名前を付けて保存
  3. 仕事は時間が重要になる
  4. 外部参照のパスを変更する方法
  5. バックアップファイルの設定
  6. dxfデータの読み込みと書き出し