オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

外部参照機能の使い方

前回はオートキャド(AutoCAD)の便利な機能のひとつである「外部参照」機能の概要と、具体的にどんな状況で便利なのかを紹介しました。
元のデータを修正すれば、その図面データを外部参照している全ての図面でその修正内容が反映される、というのは非常に便利です。

元データを修正するだけで済むという事はつまり、修正が1回で良いので手間が少なくて済むという事がひとつ大きなメリットとしてあります。
しかしそれ以上に大きなメリットが、その1回の修正内容をしっかりチェックすれば、後は全ての図面で同じ修正内容が反映されるという「正確さ」です。

前回は図面枠を外部参照するという例を紹介しましたが、例えば300枚の図面に図面枠を外部参照している事を考えてみると…
300枚全ての図面枠を修正する作業に比べて、元データの図面枠1枚を修正する方が全然操作としては楽だし早いという事実があります。

また、人の手で300枚の図面枠を全て修正すると必ず発生するのが「やったつもりで修正出来ていなかった」とか「間違えて修正してしまった」などのミス。
こうしたミスというのは、人間が作業する以上はもう仕方がない事です。

間違えを0%に近付ける為の努力をするのは当然ではありますが、間違えを完全に0%にする事はどうしても出来ません。
そのあたりの正確性というのは、人間よりもコンピュータの方が得意としている分野ではないかと思います。

我々が出来る事は、正確さをコンピュータと競い合う事ではなく、そうしたコンピュータの特性を生かして出来るだけ間違いが発生しにくい状況を考えて作る事。
その為に役立つ機能として、外部参照という機能が用意されている、という感じだと思います。

さて、そんな外部参照機能の具体的な使い方についてこれから説明していく事にして、まずはコマンドの場所がどこにあるかですが…

外部参照機能の場所

挿入タブ内にある「参照」というグループに外部参照の色々な機能が用意されています。
「アタッチ」とか「クリップ」とか「アンダーレイ」などのカタカナがたくさんあって戸惑うかも知れませんが、別にそれほど難しい機能という訳ではないので大丈夫です。

今作図している図面に別の図面データを外部参照する事を「アタッチ」と呼び、主に使うのはこの「アタッチ」という機能になります。
それ以外の機能は後から追々覚えていけば良いので、まず今回はアタッチの基本的な流れを押さえておく事にしましょう。

ただ、参照グループの一番左にある「アタッチ」ボタンは、図面以外の様々なイメージ画像などを貼り付ける機能です。
オートキャド(AutoCAD)の図面を外部参照する為には、参照メニューの右下にある右下りの矢印をクリックするところからスタートです。

右下がりの矢印をクリック

少し分かりにくいですが、上記の赤く囲っている部分をクリックすると、外部参照のパレットが画面上に表示されます。

外部参照のパレット

これが外部参照パレットで、現在は「解説」という図面ファイル名だけが表示されている状況です。
この画面にどんな表示が出るのかはもちろん図面毎に違っていて、今回は単純に「解説.dwg」という図面で外部参照パレットを開いたのでこんな状態になっています。

外部参照パレットには幾つかの項目があって、左から4番目の「種類」という項目を見てみると、現在の図面という表現があります。
これは読んだままではありますが、現在「解説」という名前の図面を開いている事を意味していて、ここが図面ファイル名によって色々変わってくる事になります。

この状態から別の図面を外部参照するには、というあたりの話は次回に続く事にします。

関連記事

  1. 図面ファイルを開くコマンド
  2. データの上書き保存
  3. 修復コマンド
  4. データ変換のイメージ
  5. 古いバージョンで図面を保存
  6. データのバックアップについて考える