オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

外部参照とは何か

オートキャド(AutoCAD)の図面データにエラーが出てしまった場合、監査機能もしくは修復機能を使ってデータを復旧する。
前回はそんな監査機能と修復機能の微妙な違いなどについても取り上げてみました。

図面データを開こうとすると「エラーが…」というような表示が出てしまい、途中でオートキャド(AutoCAD)が強制終了してしまう。
そんな困った状況が時々発生したりしますが、そうした場合に修復機能が役立ってくれる場合もある、というような話でしたが…

修復機能のサブメニューとして「修復」と「外部参照とともに修復」という項目が用意されていて、外部参照を使っているかどうかによって選択すべきメニューが変わりました。
前回はそんな説明でさらっと流してしまいましたが、「そもそも外部参照とは何か?」という説明は出来ていません。

今回取り上げるのはその「外部参照」機能です。

外部参照という機能を使うと、今現在作図している図面データ内に対して、外部で作図した図面データを参照してくる事が出来ます。
うーん…機能の名前として「外部」と「参照」という言葉を使って説明してみましたけど、全然分かりやすくない気がします。

もう少し分かりやすくて具体的な表現をすると…

例えば今現在作図している図面が「A.dwg」という名前で、他の図面として「B.dwg」があったとしましょう。
当然「A.dwg」という図面データと「B.dwg」という図面はそれぞれ独立した別の図面なので、それぞれ別に編集する事が出来ます。

しかし外部参照機能を使うと「A.dwg」の図面データ内に「B.dwg」の図面データを貼り付けて表示する事が出来るんです。
貼り付けるだけであれば「コピーペースト」機能を使えば簡単に出来るのですが、外部参照機能はここからが少し違います。

「A.dwg」図面内に外部参照された「B.dwg」は、元の図面である「B.dwg」とリンクしていて、常に元図面の内容と整合されるんです。
つまり、元の図面データである「B.dwg」を編集して保存すると、「A.dwg」図面内に外部参照された「B.dwg」の内容も変更される、という事です。

他の図面を参照する機能

単純に図面データを他の図面から貼り付けるだけであれば、その図面は貼り付けた瞬間から別の図面として認識されます。
だから貼り付ける元の図面を修正したとしても、貼り付けた図面はもうそのままの状態で修正される事はありません。

しかし外部参照機能を使うと、元データを修正すればその内容が外部参照された図面にも反映される事になり、常に図面は整合された状態になるんです。
これは非常に有り難い機能で、実際の仕事で使おうとすると、様々なシーンで活用出来る可能性がある事が分かると思います。

例えば図面枠を外部参照するとか。

図面枠というのは会社によって違っていますし、プロジェクト名が図面枠に記載されていたりして、そのプロジェクト毎に図面枠の内容が変わってきます。
建物の図面であれば「○○ビル新築工事」とか「(仮称)○○プロジェクト」など、それぞれの計画によって名称は様々です。

そうしたプロジェクト名を記載した図面枠を元データとして独立した図面データとしておき、それぞれの図面データに外部参照する、という使い方をすると…
例えばプロジェクト名が変わったりする場合には、元データだけを修正すれば、その図面を外部参照している全ての図面枠が修正される事に。

これは実際にやってみると非常に便利だし、なによりも修正もれが絶対にないという正確さが非常に助かります。
他にも色々な活用方法があるので、ぜひ外部参照機能を覚えて使いこなしていく事をお勧めします。

関連記事

  1. 自動で保存する機能
  2. データのバックアップについて考える
  3. 図面ファイルを開くコマンド
  4. 外部参照機能の使い方
  5. データ関連機能まとめ
  6. データの保護が一番の目的