オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

図面データを開く(OPEN)

オートキャド(AutoCAD)を使って作図した図面のデータを、作図の途中で保存する為に必要な上書き保存機能。
前回はその機能の概要と、具体的な操作の手順について簡単に説明をしてみました。

図面を紙ではなく、電子データという手で触れる事が出来ないもので管理する為、データをその都度上書きして保存していく。
このあたりの考え方が紙ベースの図面とは大きく違ってくるので、まずはその概念に慣れていく必要があるんです。

とは言っても、別にそこまで難しい話ではないので、そこで「これは大変」とか思って身構える必要は全然ありません。
むしろ電子データで図面を管理することによって、紙で管理するよりも便利になる事が多くなる、というような方向ではないかと思います。

そうして作成した図面データを別の場所で別の方が開く、あるいは保存した翌日に自分で改めて図面データを開く。
というような操作は、実際にオートキャド(AutoCAD)で図面を描いていると非常に多いのではないかと思います。

例えば自分が作図した図面を取引先に納品するような場合には、印刷した図面を持参する事が昔は結構ありました。
夜中までかかって描き上げた図面を持って朝の混雑した電車に乗って、担当者に渡してようやくその仕事は完了、という感じです。

これはこれで、取引先の担当者に直接会うという意味がある訳ですから、全然意味がない行為という事にはなりませんが…
「図面を届ける為に電車で移動」というのは、あまり効率の良いやり方とは言えません。

複数の図面を受注しているような場合は移動時間も結構惜しかったりしますし。
とは言っても、昔はそのやり方しか選択肢がなかった訳で、比較対象となるやり方がない以上は特に効率が悪いものではありません。

しかし今となってはメールでデータを送付するというやり方がある以上、どうしても直接図面を手渡しするというやり方と比較してしまいます。
そうすると、作図完了した図面をチェックした後、そのデータをメールで送付すれば良いというのは非常に効率が良いやり方に感じます。

その後すぐ次の仕事に取りかかるも良し、その日はもう仕事をやらないで休息するも良し、という感じで時間にゆとりが出来るのはやはり大きいです。
個人事業で図面を描いていない場合は「今日はもう終わり!」などとは言えないので、結局はすぐ次の仕事にかかる事になりますが。

このように、オートキャド(AutoCAD)の図面をデータで管理していくと、図面だけを綺麗な状態で届ける事が出来るという大きなメリットがあります。
図面を受け取った側としては、送付された図面データを開いて印刷する事も出来るし、自分で手を加えて修正する事も出来るので、色々な展開が考えられます。

その為には、まずオートキャド(AutoCAD)で作図された図面データを開く必要があって、今回は図面を開く為の機能を紹介したいと思います。
図面を開く機能は画面左上の「A」をクリックして出てくるメニュー内に用意されています。

ファイルを開くコマンド

上記メニュー内にある「図面」をクリックすると、どの図面データを開くのかを選択する為のダイアログBOXが表示されます。

開くファイルを選択

この画面で開きたい図面データを選択して、右下にある「開く」をクリックすれば操作は完了です。
その後はオートキャド(AutoCAD)が自動的にその図面を開いてくれます。
「開く」をクリックして開く図面データを指定するだけというシンプルな操作なので、特に大きな問題もなく手順を覚えられると思います。

関連記事

  1. 外部参照画面の項目
  2. 修復コマンド
  3. 図面データのエラーチェック
  4. パソコンによって絶対パスは違うので…
  5. たくさんある設定を整理
  6. バックアップファイルの設定