オートキャド(AutoCAD)のプロになる為に

オートキャド(AutoCAD)を使って実際に図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念すぎますよね。ただ、これからAutoCAD(オートキャド)を覚えようとしている方にとって、覚え[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的には自分の知識はきっと足りないと感じて在宅勤務を諦めることになりました。今思い出してみるとかな[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く」という言葉がありますが、CADオペレーターの仕事はまさにこれです。[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面のジャンルは本当に様々です。その中でどんな図面を描いていくのか、そのための知識というのは必要に[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合であれば、当然人を募集した後は教えて成長してもらわないといけません。いずれにしても人に仕事を教[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけではなく、もっと別の勉強が必要になってくることもあります。それが実際に自分で作図するのではなく[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来るかも知れないという「今さらそんな…」という内容に。ちょっと今までの話とは違う内容だったので、[...]

    続きを読む

図面データの保存(QSAVE)

前回はオートキャド(AutoCAD)で図面を作図する為に、何もない状態から新しく図面データを作成する機能を紹介しました。
操作自体はそれ程難しいこともないので、特に問題はなかったと思います。

ただ、特にテンプレートなどを何も設定しない状態でで新規作成から始めると、本当にゼロからのスタートになってしまうという問題も。
そうした部分を考えると、実際の仕事で使うにはもう少し工夫をしていく事があって、実際にはあまり頻繁には使わない機能とも言えます。

しかしオートキャド(AutoCAD)の作図操作としては本当に基本的な操作なので、知識としては持っておいた方が良いです。
今回はこうして作図をスタートした図面を、新しい図面データとして保存する機能について紹介をしていこうと思います。

先ほども少し書きましたが、新規作図でスタートした図面データは本当にまっさらな状態になっているので、作図の為に必要な設定を色々とやっていく必要があります。

具体的には、色々な画層を作成してそれぞれの線種や色などを細かく設定していったり。
作図する図面の縮尺にあわせて寸法スタイルを設定したり文字スタイルを設定したり、線種尺度の設定をしたりなど。

これは実際にやってみるとよく分かりますが、線を引き始める前にやっておくべき設定というのは結構多いものなんです。
そうした多少面倒な設定を調整した後で、ようやく線を引いたり文字・寸法を記入したりという操作に入る事が出来ます。

そうして細かい図形を色々表現していく事で図面は少しずつ完成に近づいていく訳ですが、その途中で非常に重要になってくるのが「データの保存」です。
紙ベースの図面であれば、作図していく途中の図面は当然目の前にある訳で、その図面をわざわざ「保存する」必要などありません。

しかしオートキャド(AutoCAD)で図面を描く場合、作図している途中のデータはあくまでもパソコンの中だけに存在しています。
目の前に存在しているように見えますが、実際にはデータ上でしか存在していない状態になっている、という事です。

なので、例えば停電で電源が急に切れてしまった際には、改めてパソコンの電源を入れたとしてもデータは残っていない状態に。
これが紙ベースの図面とオートキャド(AutoCAD)の大きな違いになっているんです。

このようにそれぞれの考え方が大きく違ってくる訳ですから、図面を保存する為のやり方も変えていく必要がある訳です。
そこで登場するのが図面の「上書き保存(QSAVE)」という機能です。

上書き保存コマンド

上書き保存コマンドは左上にある「A」ボタンをクリックすると出てくるメニュー内、上図の位置に用意されています。
操作方法は非常に簡単で、そのまま「上書き保存」ボタンをクリックするだけ。

上書き保存が完了した状態

上書き保存ボタンをクリックすると上記のような表示が出て、コマンド自体はすぐに終了します。
特に説明も報告もないので微妙に分かりにくい感じにはなりますが、これで今まで作図した内容がデータとして保存されました。

操作としては単純にクリックするだけの非常に簡単な動きなので、特に覚えなければならない特殊な手順などは全然ありません。
ただ、手順としては「A」をクリックして出てくる「上書き保存」ボタンをクリックして…という流れが若干手間がかかるという事くらいですね。

作図をしていると結構こまめに保存する操作が必要になるので、出来ればもう少しスムーズに操作可能な状態にしておきたいところ。
ショートカットキーとして初期設定で用意されている「Ctrl」+「S」を使うと、キーの位置も近くて押しやすいのでお勧めです。

関連記事

  1. 新規作成コマンド
  2. データ関連機能まとめ
  3. サブスクリプションという選択肢
  4. 名前を付けて保存も使いどころが重要
  5. パソコンによって絶対パスは違うので…
  6. 外部参照の設定色々