オートキャド(AutoCAD)のプロになる為に

オートキャド(AutoCAD)を使って実際に図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 自動で保存する機能
    自動保存という機能

    AutoCAD(オートキャド)を使って作図した図面は「dwg」という拡張子のデータとして保存される事になります。そのデータをうっかり消してしまうと図面が消えてなくなってしまう、というのは結構普通の事で、非常に怖い事でもあります。こうした危険性についての話は、別にAutoCAD(オートキャ[...]

    続きを読む
  • 定期的なバックアップ
    万が一データが消えてしまうと…

    オートキャド(AutoCAD)で作図した図面はいわゆる「電子データ」なので、消えてしまうともう何も対処が出来ません。パソコンが壊れてしまうリスク、もう少し細かく言うとパソコン内部にあるデータを保存する部分が壊れてしまうリスクを考えると、やはりデータは万が一に備えておいた方が良い。前回はそ[...]

    続きを読む
  • データのバックアップについて考える
    データのバックアップについて

    前回は最新版のオートキャド(AutoCAD)を使う為の方法として、サブスクリプション契約について少し考えてみました。最初にまとまった金額を支払ってソフトを購入すると、その後の支払いがないので長い目で見れば安価になるかも知れません。しかしそうすると、年々そのバージョンは確実に古くなっていき[...]

    続きを読む
  • サブスクリプションという選択肢
    サブスクリプションという解決策

    新しいデータ形式に対応する事が難しくなるという理由だけではなく、オートキャド(AutoCAD)が新しく用意している機能を使う機会が得られない。古いバージョンのオートキャド(AutoCAD)を使い続けるのは、確かに慣れているからスムーズに使えるというメリットもありますが、やはりデメリットもあるもの[...]

    続きを読む
  • 古いバージョンが常に良い訳ではない
    古いバージョンに合わせる場合でも…

    オートキャド(AutoCAD)を使ってどんな図面を作図するのか。それによって多少は違ってくるはずですが、ひとつのプロジェクトで必要な図面を全て一人で作図する、というような事は少ないと思います。そうなると色々な方と図面を描いていく事になって、そうなると様々なバージョンのオートキャド(Aut[...]

    続きを読む
  • 古いバージョンで図面を保存
    古いバージョンで図面を保存する

    同じオートキャド(AutoCAD)で作図した図面でも、新しいバージョンで作図したdwgデータが古いバージョンでは開けない場合があります。なぜこうした問題が発生するのかというと、毎年新しいバージョンのオートキャド(AutoCAD)が発売されるからですが…これはもう企業として当然の動きなので[...]

    続きを読む
  • データ形式の違い
    AutoCADのバージョンによるデータ形式の違い

    オートキャド(AutoCAD)以外のCADで作図された図面を読み込んだり、あるいは作図した図面を他のCADで開けるような形式で書き出したり。そうしたデータ変換には「dxf」という中間ファイル形式を利用する事になる、という話を前回までの説明では取り上げました。ただ、dxfデータ変換も完璧で[...]

    続きを読む

図面データの保存(QSAVE)

前回はオートキャド(AutoCAD)で図面を作図する為に、何もない状態から新しく図面データを作成する機能を紹介しました。
操作自体はそれ程難しいこともないので、特に問題はなかったと思います。

ただ、特にテンプレートなどを何も設定しない状態でで新規作成から始めると、本当にゼロからのスタートになってしまうという問題も。
そうした部分を考えると、実際の仕事で使うにはもう少し工夫をしていく事があって、実際にはあまり頻繁には使わない機能とも言えます。

しかしオートキャド(AutoCAD)の作図操作としては本当に基本的な操作なので、知識としては持っておいた方が良いです。
今回はこうして作図をスタートした図面を、新しい図面データとして保存する機能について紹介をしていこうと思います。

先ほども少し書きましたが、新規作図でスタートした図面データは本当にまっさらな状態になっているので、作図の為に必要な設定を色々とやっていく必要があります。

具体的には、色々な画層を作成してそれぞれの線種や色などを細かく設定していったり。
作図する図面の縮尺にあわせて寸法スタイルを設定したり文字スタイルを設定したり、線種尺度の設定をしたりなど。

これは実際にやってみるとよく分かりますが、線を引き始める前にやっておくべき設定というのは結構多いものなんです。
そうした多少面倒な設定を調整した後で、ようやく線を引いたり文字・寸法を記入したりという操作に入る事が出来ます。

そうして細かい図形を色々表現していく事で図面は少しずつ完成に近づいていく訳ですが、その途中で非常に重要になってくるのが「データの保存」です。
紙ベースの図面であれば、作図していく途中の図面は当然目の前にある訳で、その図面をわざわざ「保存する」必要などありません。

しかしオートキャド(AutoCAD)で図面を描く場合、作図している途中のデータはあくまでもパソコンの中だけに存在しています。
目の前に存在しているように見えますが、実際にはデータ上でしか存在していない状態になっている、という事です。

なので、例えば停電で電源が急に切れてしまった際には、改めてパソコンの電源を入れたとしてもデータは残っていない状態に。
これが紙ベースの図面とオートキャド(AutoCAD)の大きな違いになっているんです。

このようにそれぞれの考え方が大きく違ってくる訳ですから、図面を保存する為のやり方も変えていく必要がある訳です。
そこで登場するのが図面の「上書き保存(QSAVE)」という機能です。

上書き保存コマンド

上書き保存コマンドは左上にある「A」ボタンをクリックすると出てくるメニュー内、上図の位置に用意されています。
操作方法は非常に簡単で、そのまま「上書き保存」ボタンをクリックするだけ。

上書き保存が完了した状態

上書き保存ボタンをクリックすると上記のような表示が出て、コマンド自体はすぐに終了します。
特に説明も報告もないので微妙に分かりにくい感じにはなりますが、これで今まで作図した内容がデータとして保存されました。

操作としては単純にクリックするだけの非常に簡単な動きなので、特に覚えなければならない特殊な手順などは全然ありません。
ただ、手順としては「A」をクリックして出てくる「上書き保存」ボタンをクリックして…という流れが若干手間がかかるという事くらいですね。

作図をしていると結構こまめに保存する操作が必要になるので、出来ればもう少しスムーズに操作可能な状態にしておきたいところ。
ショートカットキーとして初期設定で用意されている「Ctrl」+「S」を使うと、キーの位置も近くて押しやすいのでお勧めです。

関連記事

  1. 外部参照画面の項目
  2. 設定の数が多すぎると不便
  3. 古いバージョンで図面を保存
  4. パソコンによって絶対パスは違うので…
  5. サブスクリプションという選択肢
  6. データのバックアップについて考える