オートキャド(AutoCAD)のプロになる為に

オートキャド(AutoCAD)を使って実際に図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 自動で保存する機能
    自動保存という機能

    AutoCAD(オートキャド)を使って作図した図面は「dwg」という拡張子のデータとして保存される事になります。そのデータをうっかり消してしまうと図面が消えてなくなってしまう、というのは結構普通の事で、非常に怖い事でもあります。こうした危険性についての話は、別にAutoCAD(オートキャ[...]

    続きを読む
  • 定期的なバックアップ
    万が一データが消えてしまうと…

    オートキャド(AutoCAD)で作図した図面はいわゆる「電子データ」なので、消えてしまうともう何も対処が出来ません。パソコンが壊れてしまうリスク、もう少し細かく言うとパソコン内部にあるデータを保存する部分が壊れてしまうリスクを考えると、やはりデータは万が一に備えておいた方が良い。前回はそ[...]

    続きを読む
  • データのバックアップについて考える
    データのバックアップについて

    前回は最新版のオートキャド(AutoCAD)を使う為の方法として、サブスクリプション契約について少し考えてみました。最初にまとまった金額を支払ってソフトを購入すると、その後の支払いがないので長い目で見れば安価になるかも知れません。しかしそうすると、年々そのバージョンは確実に古くなっていき[...]

    続きを読む
  • サブスクリプションという選択肢
    サブスクリプションという解決策

    新しいデータ形式に対応する事が難しくなるという理由だけではなく、オートキャド(AutoCAD)が新しく用意している機能を使う機会が得られない。古いバージョンのオートキャド(AutoCAD)を使い続けるのは、確かに慣れているからスムーズに使えるというメリットもありますが、やはりデメリットもあるもの[...]

    続きを読む
  • 古いバージョンが常に良い訳ではない
    古いバージョンに合わせる場合でも…

    オートキャド(AutoCAD)を使ってどんな図面を作図するのか。それによって多少は違ってくるはずですが、ひとつのプロジェクトで必要な図面を全て一人で作図する、というような事は少ないと思います。そうなると色々な方と図面を描いていく事になって、そうなると様々なバージョンのオートキャド(Aut[...]

    続きを読む
  • 古いバージョンで図面を保存
    古いバージョンで図面を保存する

    同じオートキャド(AutoCAD)で作図した図面でも、新しいバージョンで作図したdwgデータが古いバージョンでは開けない場合があります。なぜこうした問題が発生するのかというと、毎年新しいバージョンのオートキャド(AutoCAD)が発売されるからですが…これはもう企業として当然の動きなので[...]

    続きを読む
  • データ形式の違い
    AutoCADのバージョンによるデータ形式の違い

    オートキャド(AutoCAD)以外のCADで作図された図面を読み込んだり、あるいは作図した図面を他のCADで開けるような形式で書き出したり。そうしたデータ変換には「dxf」という中間ファイル形式を利用する事になる、という話を前回までの説明では取り上げました。ただ、dxfデータ変換も完璧で[...]

    続きを読む

新規作成(NEW)

前回はAutoCAD(オートキャド)の図面データ形式である「dwg」という拡張子について少し説明をしてみました。
実際に操作した事がある方にとっては非常に初歩的な話だと思いますが、まずは図面データの基本という事でデータ形式について取り上げてみました。

「ファイル名.dwg」というデータ形式が基本となり、簡単にまとめると以下のような感じになります。

・拡張子は「.dwg」が自動で付けられる

・ファイル名は自分で任意に付ける

・なので出来るだけファイル名を分かりやすくしておくと良い

・拡張子を変える事も出来るけれどあまり効果はない

データ形式の知識としてはこれでまずは充分なので、これを踏まえて次の話に進んでいくことにしましょう。
AutoCAD(オートキャド)ではデータ形式が決まっているとは言っても、まずは新しくデータを作成しないと何も始まりません。

という事で、今回はAutoCAD(オートキャド)で図面データを新規作成する機能について紹介してみたいと思います。
まずはAutoCAD(オートキャド)を起動した状態で「スタートアップ」という項目が表示されています。

図面を開始ボタン

かなり大きく「図面を開始」というボタンがあるのでクリックすると、「Drawing1.dwg」という図面が開きました。
全く何もない状態から図面を描き始める場合はこの操作だけで大丈夫で、もう本当に簡単な操作で完了です。

完了と言っても、新しく作図する為のスタートが完了しただけで、ここから色々な設定をしつつ作図を進めていく事になりますが…
とりあえず新規作図の操作としてはこれでOKです。

また、状況によっては別の図面ファイルを開いている状態で新規作図をスタートしたい場合もあるかと思います。
そんな場合は左上にある「A」マークをクリックして出て来る「新規作成」メニューを表示させてみましょう。

新規作成を選択

AutoCAD(オートキャド)のバージョンによって微妙に違いますが、メニューとしてはは上図のような感じになります。
そこにある「図面」をクリックすると、下図のようなメニューが表示されます。

新規作図メニュー

ここでテンプレートファイルを選択する状態になるので、ここで自分で作成したテンプレートを選択する事が出来ます。
特にテンプレートを作成していない場合は「acadiso.dwt」を選択して「開く」をクリックすれば新規作図の処理は完了します。

実際に仕事でAutoCAD(オートキャド)を使う場合、今回のように図面を新規作成するだけではあまり便利ではありません。
…と言うのは少し控えめな表現で、実際にそんな事をやると不便で効率が悪いので仕事にならないのでやめた方が良いです。

画層の設定や寸法スタイル・文字スタイルの設定などが全く何も調整されていない状態から始まる為、その設定に結構な手間がかかるというのがその理由です。
なので、あらかじめ予め画層や寸法スタイルなどを設定した状態のテンプレートファイルを作成しておき、新規作図とは言ってもそこからスタートするのがおすすめです。

テンプレートファイルの作成方法については後ほど説明していく事にして、今回はまず図面を新規作成する手順を覚えておきましょう。
これだけでは操作として充分ではありませんが、とにかくまずはこの操作から図面はスタートする事になりますから。

新規作成した図面をその後どのように運用していけば良いのか、というあたりの話については次回に詳しく説明していこうと思います。

関連記事

  1. たくさんある設定を整理
  2. 図面データのフォルダ分け
  3. 古いバージョンで図面を保存
  4. 設定の数が多すぎると不便
  5. 古いバージョンが常に良い訳ではない
  6. 定期的なバックアップ