オートキャド(AutoCAD)のプロになる為に

オートキャド(AutoCAD)を使って実際に図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 自動で保存する機能
    自動保存という機能

    AutoCAD(オートキャド)を使って作図した図面は「dwg」という拡張子のデータとして保存される事になります。そのデータをうっかり消してしまうと図面が消えてなくなってしまう、というのは結構普通の事で、非常に怖い事でもあります。こうした危険性についての話は、別にAutoCAD(オートキャ[...]

    続きを読む
  • 定期的なバックアップ
    万が一データが消えてしまうと…

    オートキャド(AutoCAD)で作図した図面はいわゆる「電子データ」なので、消えてしまうともう何も対処が出来ません。パソコンが壊れてしまうリスク、もう少し細かく言うとパソコン内部にあるデータを保存する部分が壊れてしまうリスクを考えると、やはりデータは万が一に備えておいた方が良い。前回はそ[...]

    続きを読む
  • データのバックアップについて考える
    データのバックアップについて

    前回は最新版のオートキャド(AutoCAD)を使う為の方法として、サブスクリプション契約について少し考えてみました。最初にまとまった金額を支払ってソフトを購入すると、その後の支払いがないので長い目で見れば安価になるかも知れません。しかしそうすると、年々そのバージョンは確実に古くなっていき[...]

    続きを読む
  • サブスクリプションという選択肢
    サブスクリプションという解決策

    新しいデータ形式に対応する事が難しくなるという理由だけではなく、オートキャド(AutoCAD)が新しく用意している機能を使う機会が得られない。古いバージョンのオートキャド(AutoCAD)を使い続けるのは、確かに慣れているからスムーズに使えるというメリットもありますが、やはりデメリットもあるもの[...]

    続きを読む
  • 古いバージョンが常に良い訳ではない
    古いバージョンに合わせる場合でも…

    オートキャド(AutoCAD)を使ってどんな図面を作図するのか。それによって多少は違ってくるはずですが、ひとつのプロジェクトで必要な図面を全て一人で作図する、というような事は少ないと思います。そうなると色々な方と図面を描いていく事になって、そうなると様々なバージョンのオートキャド(Aut[...]

    続きを読む
  • 古いバージョンで図面を保存
    古いバージョンで図面を保存する

    同じオートキャド(AutoCAD)で作図した図面でも、新しいバージョンで作図したdwgデータが古いバージョンでは開けない場合があります。なぜこうした問題が発生するのかというと、毎年新しいバージョンのオートキャド(AutoCAD)が発売されるからですが…これはもう企業として当然の動きなので[...]

    続きを読む
  • データ形式の違い
    AutoCADのバージョンによるデータ形式の違い

    オートキャド(AutoCAD)以外のCADで作図された図面を読み込んだり、あるいは作図した図面を他のCADで開けるような形式で書き出したり。そうしたデータ変換には「dxf」という中間ファイル形式を利用する事になる、という話を前回までの説明では取り上げました。ただ、dxfデータ変換も完璧で[...]

    続きを読む

dwgというデータ形式

AutoCAD(オートキャド)の図面データに限らず、電子データには拡張子と呼ばれるファイル区分用の文字列が用意されています。
そして、拡張子の文字列がどのような組み合わせになっているかによって、その電子データがどんな種類なのかを認識する事が出来る。

前回はAutoCAD(オートキャド)の図面データについて話をする前段階として、そのような話を紹介しました。
AutoCAD(オートキャド)で図面を描いてデータを管理していく為には、まずこの基本的な部分を押さえておく必要があります。

と言っても、別にそれほど難しい話ではないですし、恐らくパソコンを使っている形であればもう既に知っている話だとは思いますが…
また、AutoCAD(オートキャド)の図面データには「dwg」という拡張子が付けられている、という話も紹介しました。

なぜ「dwg」なのかというと、恐らく「drawing(製図)」という単語から文字を抜粋しているのではないかと思います。
拡張子の文字列は任意で選定出来るので、ソフトを開発・販売しているautodesk社が図面に関係のある単語から取ったのでしょう。

基本的には以下のような組み合わせでAutoCAD(オートキャド)の図面データは管理されていく事になります。

ファイル名.dwg

ファイル名は自分で任意に付ける事が出来る名前で、そのデータがどんな図面なのかを説明する為に必要となります。
一方で「.dwg」という拡張子はこちらで設定する訳ではなく、図面データとして保存した瞬間勝手に付与されるもの。

例えば建築関連の図面データを作成した際に、「1階平面図.dwg」というファイル名を付けたとしましょう。
そうすると、このファイルは「1階平面図をAutoCAD(オートキャド)で作図したデータが入っているんだな」という事が誰にでも分かります。

こうして分かりやすいファイル名を付ける事によって、ファイルの管理をスムーズに進める事が出来る訳です。
これが図面データ管理の第一歩という感じになります。

ただ、実際の業務で考えると、先程例に出した「1階平面図」というファイル名では情報が不足するかも知れません。
実際に建築関連の業務に携わってみると分かりますが、非常に多くの建物に携わる事になる事が多く、プロジェクト名や建物名などを入れないと不便なんですよね。

そう考えると「○○ビル1階平面図.dwg」の方が分かりやすいという事になります。
しかし○○ビルが長いと逆に分かりにくくなってしまい、結果としてデータの管理が煩雑になってしまう、というような話になるかも知れません。
そうなるとプロジェクトの省略記号などを付けるか…など、色々な案が考えられます。

AutoCAD(オートキャド)で作図した図面データは、拡張子が固定されるもののファイル名はある程度自由です。
出来るだけ管理しやすいように名前をつけていく事で、業務が効率化する部分もあるのではないかと思います。

ちなみにこれは余談ですが…
エクスプローラーなどで図面のファイル名を変える事は自由に出来ますが、拡張子を変える事も実際は可能ではあります。

拡張子を変えようとすると…

上記のように「本当にやるんですか?」みたいなメッセージは出るものの、そこで「はい」を選択すれば拡張子は変えることが出来ます。
拡張子を変えたからと言ってデータの中身が変わる訳ではないので、単純にAutoCAD(オートキャド)でデータを開けなくなるだけ…

なので実際はあまり意味も効果もない操作ではありますが、拡張子を変える機会は少しだけあるので、そのあたりの操作はもう少し後で紹介しようと思います。

関連記事

  1. 名前を付けて保存も使いどころが重要
  2. 外部参照画面の項目
  3. 図面データのフォルダ分け
  4. DXFデータ変換
  5. パソコンによって絶対パスは違うので…
  6. dxf変換の問題点