オートキャド(AutoCAD)のプロになる為に

オートキャド(AutoCAD)を使って実際に図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 自動で保存する機能
    自動保存という機能

    AutoCAD(オートキャド)を使って作図した図面は「dwg」という拡張子のデータとして保存される事になります。そのデータをうっかり消してしまうと図面が消えてなくなってしまう、というのは結構普通の事で、非常に怖い事でもあります。こうした危険性についての話は、別にAutoCAD(オートキャ[...]

    続きを読む
  • 定期的なバックアップ
    万が一データが消えてしまうと…

    オートキャド(AutoCAD)で作図した図面はいわゆる「電子データ」なので、消えてしまうともう何も対処が出来ません。パソコンが壊れてしまうリスク、もう少し細かく言うとパソコン内部にあるデータを保存する部分が壊れてしまうリスクを考えると、やはりデータは万が一に備えておいた方が良い。前回はそ[...]

    続きを読む
  • データのバックアップについて考える
    データのバックアップについて

    前回は最新版のオートキャド(AutoCAD)を使う為の方法として、サブスクリプション契約について少し考えてみました。最初にまとまった金額を支払ってソフトを購入すると、その後の支払いがないので長い目で見れば安価になるかも知れません。しかしそうすると、年々そのバージョンは確実に古くなっていき[...]

    続きを読む
  • サブスクリプションという選択肢
    サブスクリプションという解決策

    新しいデータ形式に対応する事が難しくなるという理由だけではなく、オートキャド(AutoCAD)が新しく用意している機能を使う機会が得られない。古いバージョンのオートキャド(AutoCAD)を使い続けるのは、確かに慣れているからスムーズに使えるというメリットもありますが、やはりデメリットもあるもの[...]

    続きを読む
  • 古いバージョンが常に良い訳ではない
    古いバージョンに合わせる場合でも…

    オートキャド(AutoCAD)を使ってどんな図面を作図するのか。それによって多少は違ってくるはずですが、ひとつのプロジェクトで必要な図面を全て一人で作図する、というような事は少ないと思います。そうなると色々な方と図面を描いていく事になって、そうなると様々なバージョンのオートキャド(Aut[...]

    続きを読む
  • 古いバージョンで図面を保存
    古いバージョンで図面を保存する

    同じオートキャド(AutoCAD)で作図した図面でも、新しいバージョンで作図したdwgデータが古いバージョンでは開けない場合があります。なぜこうした問題が発生するのかというと、毎年新しいバージョンのオートキャド(AutoCAD)が発売されるからですが…これはもう企業として当然の動きなので[...]

    続きを読む
  • データ形式の違い
    AutoCADのバージョンによるデータ形式の違い

    オートキャド(AutoCAD)以外のCADで作図された図面を読み込んだり、あるいは作図した図面を他のCADで開けるような形式で書き出したり。そうしたデータ変換には「dxf」という中間ファイル形式を利用する事になる、という話を前回までの説明では取り上げました。ただ、dxfデータ変換も完璧で[...]

    続きを読む

AutoCADのデータ形式

このカテゴリでは、オートキャド(AutoCAD)のデータに関する色々な話を取り上げていこうと思っています。
作図した図面が紙で管理されるのではなく、電子データとしてパソコンの中で管理されるというのがCADの大きな特徴です。

そのデータをどのように扱うかを知っておく事は、CADを使いこなしていく上で非常に重要な要素だと言えるでしょう。
まあデータ管理と言っても別にそれほど難しい話でもないので、「CADを使いこなしていく上で…」とかはちょっと大げさすぎですが。

ただ、CADデータの扱いを軽視して、せっかく作図した図面が跡形もなく消え去ってしまった、という残念な事故も時にはあります。

紙の図面では仮に図面が破れてしまったとしても、その残骸くらいは残ります。
破れてしまった図面のかけらが何かの役に立つかというと、まあそれ程役に立つものではないのですが…それでも若干何かが残るのは間違いありません。

しかしCADデータが消えてしまうと、もう完全に消滅してしまい、残骸も何も残らないという特徴があります。
0か1か、というデジタルの特徴として、データがあるかないかはもうはっきりしている訳です。

データがなくなってしまった時になって後悔しても遅いというか、その時にこちらで何か出来る事というのは全然なりません。
なので、作図した図面のデータというのはしっかりと管理していかなければならない、という当たり前の結論に至ります。

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描く以上、こうした残念な状態にならないように、データの管理などについてきちんと知っておいた方が良いです。
と言うことで、今回はまずオートキャド(AutoCAD)のデータ形式について、基本的な話からスタートする事にします。

まずは図面データの拡張子が何かという話から。

オートキャド(AutoCAD)で作図した図面データは、どんな図面であっても「dwg」と呼ばれる拡張子を持っています。
拡張子というのは、そのデータがどのような種類のデータなのかを表す為のもので、「dwg」はオートキャド(AutoCAD)のデータという意味があるんです。

オートキャド(AutoCAD)で作図したデータだから「dwg」という拡張子になるし、「dwg」という拡張子だからこそオートキャド(AutoCAD)で開く事が出来る。
拡張子というのはそうした意味合いを持っています。

私が当サイトの解説をする際に、サンプルとして色々な図面を例に出して説明をしていますが、その際に作った図面データがこちら。

AutoCADの図面データ

図面データとして「解説.dwg」というファイル名が表示されている事が分かります。
まずはデータの基本として以下のようなルールがあるので、ここでざっと覚えてしまいましょう。

・オートキャド(AutoCAD)の図面は「図面名(任意).dwg」が基本となる

・図面名を一般的には「ファイル名」と呼ぶ

・ファイル名はどんな図面なのかを表すので分かりやすい名前が望ましい

・ファイル名は随時変更する事が出来る

・拡張子もやろうと思えば変更出来るけどあまりメリットがない

という感じです。

先ほど例に出した「解説.dwg」がファイル名として分かりやすいかというと、正直なところ実際はそれ程分かりやすくはありません。
そもそも何の解説なのかが曖昧なので、結局は図面データを開いて見ない限りは内容が分かりにくいというのがその理由です。

ならばどんなファイル名が良いのか、という事を考えると意外に難しいものがありますが…
今回はまずオートキャド(AutoCAD)の拡張子とファイル名の関係について覚えておく事にしましょう。

関連記事

  1. サブスクリプションという選択肢
  2. データ変換のイメージ
  3. 仕事は時間が重要になる
  4. 定期的なバックアップ
  5. 外部参照機能の使い方
  6. データのバックアップについて考える