オートキャド(AutoCAD)のプロになる為に

オートキャド(AutoCAD)を使って実際に図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念すぎますよね。ただ、これからAutoCAD(オートキャド)を覚えようとしている方にとって、覚え[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的には自分の知識はきっと足りないと感じて在宅勤務を諦めることになりました。今思い出してみるとかな[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く」という言葉がありますが、CADオペレーターの仕事はまさにこれです。[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面のジャンルは本当に様々です。その中でどんな図面を描いていくのか、そのための知識というのは必要に[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合であれば、当然人を募集した後は教えて成長してもらわないといけません。いずれにしても人に仕事を教[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけではなく、もっと別の勉強が必要になってくることもあります。それが実際に自分で作図するのではなく[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来るかも知れないという「今さらそんな…」という内容に。ちょっと今までの話とは違う内容だったので、[...]

    続きを読む

寸法記入で距離を計測する

オートキャド(AutoCAD)の画面上で距離や角度などを計測したくなった場合、どんなコマンドを使うのが便利なのか。
そんなテーマで幾つかの機能、具体的には「DIST」というコマンドと「MEASUREGEOM」というコマンドを紹介してきました。

どちらのコマンドでも操作としては大きく変わる事はなく、画面上から二点を指定するだけでその二点間の距離を計測してくれるという便利な機能でした。
あとはどちらのコマンドがより使いやすいか、という好みの世界になると思います。

ただ、こうして似たようなコマンドが二種類用意されているという状況は、CADの機能として考えると少し変なんですよね。
恐らくオートキャド(AutoCAD)側としては「MEASUREGEOM」コマンドを今後は残していき、いつか「DIST」コマンドをなくしていく予定なのだと思います。

なので、これからオートキャド(AutoCAD)を覚える方であれば、わざわざ昔のコマンドを覚えるメリットもないので「MEASUREGEOM」コマンドを使っていく事をお勧めします。
どちらもほぼ同じような機能なので、どちらのやり方を選択しても特に大きな差は付かないはず。
であれば新しい機能を覚えておいた方が無難である事は間違いありません。

それなのに私自身は古い機能である「DIST」をいまだに使っているという…
操作に慣れてきたとしても、自分のやり方を定期的に見直して改善していくという考え方から少し外れてしまっているようです。
ちょっと気を抜くと現状維持になってしまうのは怖いですね。

そんな私の話はさておき…

図面内で距離を計測するコマンドを紹介してきた訳ですが、実際に距離だけが知りたい場合には、寸法を記入してしまうというのも一つの有効な手段です。
「DIST」も「MEASUREGEOM」も様々な情報が一度に表示されて非常に便利。

だけど実際に距離だけを知りたい場合には、角度の表記やX方向の増減などは別に関係なく、距離だけが分かりやすく表示された方が良い場合もあります。
そんな状況では、寸法を記入して距離を確認するというやり方の方が全然良い可能性もあるんです。

寸法を記入する方が便利な場合も

寸法記入や設定については以前のカテゴリで説明をしているので、具体的な寸法の記入方法などの説明は省略しますが…
確かに数値だけが表示される状態は便利かも知れません。

私が一緒に仕事をしている方も、距離を計測したい場合に寸法を記入する、という方法を使う方は結構るので恐らく便利なやり方なのでしょう。
シンプルなやり方でもあるので、一度この方法も試してみる事をお勧めします。

ただ、寸法を記入して距離を確認した後で、その寸法は図面としては不要だから消していく、という作業が必要になります。
寸法を消し忘れた結果として寸法が残ってしまっても、別にそれが間違いという訳ではないので大きな問題ではありません。

しかしそうした寸法が増えてくると、本当に必要な寸法が目立たなくなってしまうので、出来れば図面内に記入する寸法は必要最小限に留めたいところ。
そう考えると距離を計測する為に寸法を記入した後で、結局は一度記入した寸法を自分で消すという手間が必要になってきます。

これがプラス一手間という感じで面倒なので、少なくとも私は距離を計測するためだけに寸法を記入するやり方は使っていません。
このあたりの操作は好みもあるので一概には言えませんが、そうした操作を選択する方がいるという事は、ある程度の効果があるのだと思います。

関連記事

  1. オブジェクトプロパティ管理
  2. 画層プロパティ管理
  3. 画面表示が上手くいかないと…
  4. 表示順序の便利な機能
  5. ホイールマウスを使った画面移動
  6. ZOOM機能のサブメニュー