オートキャド(AutoCAD)のプロになる為に

オートキャド(AutoCAD)を使って実際に図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 自動で保存する機能
    自動保存という機能

    AutoCAD(オートキャド)を使って作図した図面は「dwg」という拡張子のデータとして保存される事になります。そのデータをうっかり消してしまうと図面が消えてなくなってしまう、というのは結構普通の事で、非常に怖い事でもあります。こうした危険性についての話は、別にAutoCAD(オートキャ[...]

    続きを読む
  • 定期的なバックアップ
    万が一データが消えてしまうと…

    オートキャド(AutoCAD)で作図した図面はいわゆる「電子データ」なので、消えてしまうともう何も対処が出来ません。パソコンが壊れてしまうリスク、もう少し細かく言うとパソコン内部にあるデータを保存する部分が壊れてしまうリスクを考えると、やはりデータは万が一に備えておいた方が良い。前回はそ[...]

    続きを読む
  • データのバックアップについて考える
    データのバックアップについて

    前回は最新版のオートキャド(AutoCAD)を使う為の方法として、サブスクリプション契約について少し考えてみました。最初にまとまった金額を支払ってソフトを購入すると、その後の支払いがないので長い目で見れば安価になるかも知れません。しかしそうすると、年々そのバージョンは確実に古くなっていき[...]

    続きを読む
  • サブスクリプションという選択肢
    サブスクリプションという解決策

    新しいデータ形式に対応する事が難しくなるという理由だけではなく、オートキャド(AutoCAD)が新しく用意している機能を使う機会が得られない。古いバージョンのオートキャド(AutoCAD)を使い続けるのは、確かに慣れているからスムーズに使えるというメリットもありますが、やはりデメリットもあるもの[...]

    続きを読む
  • 古いバージョンが常に良い訳ではない
    古いバージョンに合わせる場合でも…

    オートキャド(AutoCAD)を使ってどんな図面を作図するのか。それによって多少は違ってくるはずですが、ひとつのプロジェクトで必要な図面を全て一人で作図する、というような事は少ないと思います。そうなると色々な方と図面を描いていく事になって、そうなると様々なバージョンのオートキャド(Aut[...]

    続きを読む
  • 古いバージョンで図面を保存
    古いバージョンで図面を保存する

    同じオートキャド(AutoCAD)で作図した図面でも、新しいバージョンで作図したdwgデータが古いバージョンでは開けない場合があります。なぜこうした問題が発生するのかというと、毎年新しいバージョンのオートキャド(AutoCAD)が発売されるからですが…これはもう企業として当然の動きなので[...]

    続きを読む
  • データ形式の違い
    AutoCADのバージョンによるデータ形式の違い

    オートキャド(AutoCAD)以外のCADで作図された図面を読み込んだり、あるいは作図した図面を他のCADで開けるような形式で書き出したり。そうしたデータ変換には「dxf」という中間ファイル形式を利用する事になる、という話を前回までの説明では取り上げました。ただ、dxfデータ変換も完璧で[...]

    続きを読む

距離の測定(DIST)

オートキャド(AutoCAD)で作図した線分などの要素には、様々な細かい情報が盛り込まれています。
作図する側にとって必要で有益な情報もありますし、中にはそれほど必要とされないような情報もあったりはしますが…

そうしたCAD特有の情報を確認する為の手段として、前回までの説明で「LIST」コマンドと「プロパティ」情報の見方を紹介してきました。
どちらが便利かは状況によって少しずつ違ってくるはずなので、場面に応じて便利なやり方を選択していくのが効率的で良いと思います。

私個人は「LIST」コマンドを使うよりも「プロパティ」を確認していく方が便利で使いやすいと感じる場面が多いです。
やはり複数の要素をまとめて内容確認出来る事と、確認だけではなく、そのまま色や画層などを変更する事も出来るあたりが便利だと感じます。

そうした理由から、私は作図した要素の情報を得る為に「LIST」コマンドを使うのではなく、プロパティ画面で確認しながら作図を進めています。
もちろん色々なやり方があるので私のやり方がベストという訳ではありませんが…とりあえずは参考までに一つのやり方を紹介してみました。

さて、このカテゴリではオートキャド(AutoCAD)の表示関連機能というテーマで、色々な機能について説明をしてきました。
そろそろ紹介したい内容も残り少なくなってきたので、最後に「距離の測定」について紹介して次のテーマに進んでいこうと思います。

と言うことで、距離を測定する機能について今回は考えてみる事にします。

距離の計測機能

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描く際に「ここの距離はいくつだったか…」と思って距離を測る機会は結構多いです。
距離を計測する方法は幾つか用意されていますが、その中で最も手軽なのが距離計算コマンド「DIST」だと思います。

この「DIST」機能がどこにあるかというと…
残念ながらリボンメニューにはもう別の計測機能として「MEASUREGEOM」というコマンドが用意されていて、「DIST」コマンドが掲載される場所はありません。

今までもこうした事があったので、同じパターンだとすると、もう少し後のバージョンで「DIST」コマンドは廃止になってしまうかも知れません。
昔からオートキャド(AutoCAD)を使っている私としては少し寂しく感じますが…
まあ廃止されたら新しい機能を使っていけば良いので問題はありません。

廃止されるかどうかはともかくとして、リボンメニューで用意されていないので「DIST」コマンドは別の方法で実行していく必要があります。
考えられる選択肢はショートカットキーあるいはコマンドエイリアスで、使用頻度や使い勝手などを考えるとコマンドエイリアスに登録するのが良いかと思います。

もちろん毎回コマンドラインに「DIST」と入力しても良いですけど、まあまあ手間がかかってしまうのであまりお勧めは出来ません。
実行方法はともかくとして「DIST」コマンドを実行すると、以下のような表示が出ます。

DIST 1 点目を指定:

距離を計測する為には基本的に二点を指定する必要があって、まずは画面上から距離を計測したい一点目を指定する状態になります。
ここで任意の点を画面上から選択すると、次に以下のような表示が出ます。

2 点目を指定 または [複数点(M)]:

ここで距離を計測したい二点目を画面上から指定しましょう。
もしくはサブメニューにあるように複数の点を指定する事も可能ですが、複数の距離を一度に教えてくれても処理(私の頭脳)が追いつかないので全然使っていません。

長さ = 43.0513、 XY平面の角度 = 35、 XY平面からの角度 = 0
デルタ X = 35.1095、 デルタ Y = 24.9147、 デルタ Z = 0.0000

画面上から二点目を指定すると、二点間の長さや角度、そしてX方向。Y方向・Z方向の増加距離などが表示されてコマンドは完了します。
距離の測定コマンドについてはもう少しだけ続きます。

関連記事

  1. 画層プロパティ管理
  2. 画層の新規作成方法
  3. フリーズ表示などの切り替え
  4. 現在層の意味と活用
  5. 画面移動コマンド
  6. ホイールマウスを使った画面移動