オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

オブジェクトの表示順序

前回はオートキャド(AutoCAD)で作図した要素を再度表示し直すという「再作図」と呼ばれる機能を紹介しました。
あまり作図が進む際の助けになるようなコマンドではないので、ちょっとというかかなり地味に感じたのではないかと思います。

実際のところはやはりイメージ通りで地味というか、そこまで頻繁に使うようなコマンドではないので、必要な時にコマンド入力でも良いような気がしています。
また、作図している図面内に線分などの要素がたくさんあると、再作図に必要な時間が少しずつ長くなっていきます。

場合によっては数秒から十数秒くらい再作図に時間がかかったりするので、出来るだけ必要最低限の利用回数に抑えておく事を目指しましょう。
再作図に時間がかかって困る場合には、画層を見直してあまり使わないような画層をフリーズにしてしまうというやり方もあります。

再作図コマンドを実行してもフリーズしている画層には全く影響がないので、結果として再作図にかかる時間が短くなる事に。
もちろん表示させておく必要がある画層をフリーズにする事は出来ませんが、少しでも無駄がないかどうかを考えて調整していくのは結構大事だったりします。

今回は引き続きオートキャド(AutoCAD)の表示関連機能を紹介していく事にして、オブジェクトの表示順序について考えてみる事にしましょう。
この「オブジェクトの表示順序」については、先ほど再作図コマンドを紹介した際にも少しだけその言葉が出てきたと思います。

・ハッチングなどの表示順序を正しい設定に戻す

再作図を実行した際の効果として上記を前回は挙げました。

そもそもこれはどんな状態なのかというと、ハッチングと文字や寸法などが重なっている状態で、ハッチングの表示が前面になってしまっているという状況です。
特に「SOLID」と呼ばれる完全な塗り潰しのハッチングで、文字とハッチングの表示順序を気にする事になると思います。

ちょっとイメージがしにくいのでサンプル図面で説明をすると、まずはハッチングの表示が背面になっている状態がこちら。

ハッチングの表示が背面になっている状態

上図では要素を塗りつぶして分かりやすい状態に(文字は読みにくいですが…)なっていて、なおかつハッチングが文字の表示を邪魔していません。
しかし単純にハッチングが前面に表示されてしまうだけで、図面としてはちょっと分かりにくい状態になってしまうんです。

ハッチングが前面に表示されている

これでは壁も扉も文字もハッチングの背面になって表示自体が出来ていないので、単なる色の塊状態になってしまい図面とは呼べません。
この状態で図面を印刷しても、相手に伝わる情報はほとんどないという事になってしまいます。

せっかく色々と壁や扉を作図して文字を記入したのに、それがハッチングに隠れて表示されないというのはちょっと有り得ないですよね。
しかしオートキャド(AutoCAD)の設定が上手くいっていないと、残念ながら上図のような残念な図面が出来上がってしまうんです。

かなりの手間をかけて図面を描いていき、最後の最後にこんな設定ひとつで図面が台無しになってしまうのは困りますよね。
そうした残念な状況にならない為に、今回紹介する「オブジェクトの表示順序」をコントロール機能が用意されている、という事になります。

これは実際に使って見ると結構便利な機能で、繰り返しになりますが、ハッチング機能を使う際には手放すことが出来ない機能だと言えます。
具体的な使い方などについては次回に詳しく説明をしていこうと思います。

関連記事

  1. UCSを回転させる意味とは
  2. オブジェクトの表示順序変更手順
  3. ZOOM機能の選択肢は色々
  4. 画面表示が上手くいかないと…
  5. 線種尺度の設定方法
  6. Bylayerの考え方