オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

画層関連の便利な機能

オートキャド(AutoCAD)を使って作図する図面で細かく画層を分けていくのは、作図や修正の作業をスムーズに進められるからという理由がひとつあります。
その為に用意されている画層関連の便利な機能について、前回は幾つか紹介する事が出来ました。

・選択した要素の画層を全て非表示

・選択した要素の画層だけを表示

これらの機能は操作も簡単で、なおかつ非常に使い勝手の良い機能なので、ぜひショートカットキーに登録しておく事をお勧めします。
下図で「選択表示」の後に(F5)と記載されているのは、私のオートキャド(AutoCAD)ではF5キーに選択した要素の画層を表示する機能が割り当てられているから。

F5キーに割り当て

毎回画層プロパティ管理画面を呼び出して、たくさんある画層の中から非表示にしたい画層を選択して…とかやるよりも全然早いです。
こうした機能を知っていて、それを素早く実行出来る設定を作っておく事が、オートキャド(AutoCAD)を使いこなす為の第一歩です。

…と、ちょっと偉そうな書き方になってしまいましたが、この程度の事はオートキャド(AutoCAD)のプロなら恐らく誰でもやっています。
それ程特殊な事ではないので、自分が使うオートキャド(AutoCAD)を少しでも便利な状態にもっていくように色々と考えてみましょう。

まずは画層関連の便利な機能を一通り調べていき、その中で自分が使いそうな機能をピックアップするところからスタート。
と言うことで、今回は引き続き画層関連の便利な機能について。

□選択したオブジェクトの画層をフリーズ

この機能は前回紹介した「選択したオブジェクトの画層を非表示」と似たような機能で、選択した要素の画層を全てフリーズしてくれます。
ボタンの場所はこちら。

選択したオブジェクトの画層をフリーズ

非表示で良いのかフリーズまでした方が良いのか、というのは作図のシーン毎に違ってくるはずなので、その都度より便利な方を使っていくのが良いと思います。
操作の手順はやはり前回紹介した「選択したオブジェクトの画層を非表示」と同じです。

コマンド: _layfrz
現在の設定: ビューポート=現在のビューポートでフリーズ, ブロックのネスト レベル=ブロック(B)
フリーズしたい画層上にあるオブジェクトを選択 または [設定(S)/元に戻す(U)]:

コマンドを開始すると以下のような表示が出るので、この状態でフリーズさせたい画層が入っている要素を画面上から選択します。
まとめて選択するのではなく、画面上からひとつずつ要素を選択していくと…

画層 “寸法” がフリーズされました。
フリーズしたい画層上にあるオブジェクトを選択 または [設定(S)/元に戻す(U)]:

というような表示が出て、上記の場合は「寸法」画層がフリーズされた、という事が作図する側にも分かるように表示されました。
現在層はフリーズ出来ないというオートキャド(AutoCAD)のお約束があって、それはこの機能を使っても同じ。

画層 “0” は現在の画層のため、フリーズできません。
フリーズしたい画層上にあるオブジェクトを選択 または [設定(S)/元に戻す(U)]:

サンプルズでは「0」画層が現在層になっていましたが、その場合は上図のような表示が出て、結果として何もフリーズされない結果となりました。

□選択したオブジェクトの画層をロック

この機能も基本的には先ほど紹介した「選択したオブジェクトの画層をフリーズ」と同じで、選択した要素の画層を全てロックしてくれます。

選択したオブジェクトの画層をロック

ボタンも似たような位置にあるので、このあたりの機能は纏めて覚えてしまうのが良いでしょう。
作図のやり方に好みはあるとは思いますが、ロックを頻繁に使う事になるのならこの機能は外すことが出来ないくらい便利に感じるはず。
私は全然使っていませんが…

操作の流れは先ほど紹介した「選択したオブジェクトの画層をフリーズ」とほぼ同じになります。

関連記事

  1. 画層関連の便利機能
  2. 座標系について考える
  3. 寸法を記入する方が便利な場合も
  4. 距離の計測機能
  5. ハッチングの表示順序
  6. ZOOM機能の選択肢は色々