オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

ByBlockの考え方について

オートキャド(AutoCAD)で作図した線分や円や文字などの要素に対して、色と線種を指定していく際に「ByLayer」という考え方がある、という話を前回は紹介しました。
その「ByLayer」設定が具体的にはどのように使われるのか、というあたりも取り上げたので、画層プロパティ管理での設定とのつながりもイメージ出来たのではないかと思います。

今回は引き続き、線分や円などを作図した際の色・線種設定に選択肢として用意されている「ByBlock」という設定について考えてみる事にします。
「ByLayer」と似たような名前になっていて区別が付きにくい設定ですが、実際には全然違う内容になっています。

ByBlockという設定

上図のように線分などの要素で色を設定しようとすると、「ByLayer」のすぐ下に「ByBlock」設定が用意されているのが分かります。
「ByLayer」は画層で設定された色に合わせる、という設定でしたが、今回紹介する「ByBlock」がどのような設定かというと…

ブロックを構成する要素を「ByBlock」の設定にしておくと、ブロック化した後でも色や線種を簡単に変更する事が出来る。
という非常に便利な設定なんです。

ブロックの考え方や実際にどうやって作成するのか等は、もう少し後のカテゴリで説明しているので、そちらを参照して頂ければと思います。
その際に「ByBlock」の具体的な活用方法については改めて詳しく説明しようと思っています。

「ByBlock」については、少々使い道がピンポイント過ぎる気がしますけど、実際にブロック機能を使って見ると非常に便利な設定だという事が分かるはずです。
私も実際にオートキャド(AutoCAD)で作図をする際に、ブロックを作成する場合は全て「ByBlock」の設定にしていますから。

ただ、全て自分の手でブロックを作成する訳ではないので、他の方が作成したブロックが「ByBlock」になっていなかったりして困る事も。
しかしこうした「自分の好みと違うやり方で作図されたデータ」というのは、恐らくお互い様な部分もあるのであまり文句も言えません。

これとは逆のパターンとして、私が便利だと考えて作成したデータを見て「これは編集しにくい」と感じる方もいるはずなので…
このあたりは難しいところですが、もうお互いのやり方を認めていくしかありません。

と、少し話がそれてしまったので元に戻します。

オートキャド(AutoCAD)のブロック機能を使って作成したブロックは、基本的にはひとつの塊として登録される事になります。
それがブロック機能の特徴で、複雑な形状の要素もひとまとめにして扱う事が出来るというところが便利だったりするんです。

ただ、塊になっているから個別に細かい編集をする事が出来ない、という部分もブロックの特徴なので、基本的には色や線種を変える事は出来ません。
つまり最初にブロックを作成した際の色と線種がそのままずっと反映される事になる訳です。

しかしブロックを作成する際に色と線種を「ByBlock」に設定しておく事で、ブロックという塊にまとめた後でも自由に色と線種を変える事が出来るようになります。
「ByBlock」にはそうした便利な機能が与えられているんです。

どうせブロックを作成するのであれば、後で色や線種を変えることが出来る「ByBlock」の設定にしておいた方が便利だと私は思っています。
そうした設定にする事でのデメリットも特にないので、まずは一度自分の手でブロックを作成して色々と試してみる事をお勧めします。

関連記事

  1. 画層の考え方
  2. 現在層の意味と活用
  3. マウスを使った画面表示機能
  4. 画層毎の印刷設定
  5. 表示順序の便利な機能
  6. 画面表示が上手くいかないと…