オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

新しい画層の作り方

前回までの説明で、画層プロパティ管理で設定出来る項目については一通り説明をする事が出来たのではないかと思います。
画層を表示するかどうか、そして編集出来るかどうかの設定、そして色と線種の設定と印刷するかどうかの設定。

これらを最初に色々考えながら設定しておく事で、後々の作図がスムーズになっていくはずです。
ちょっと面倒くさいイメージが画層にはあるかも知れませんが、基本的に画層機能は作図する側が楽をする為に存在している機能です。

最初は少し手間と時間をかけてでも覚えてしまえば、後はその便利な機能を存分に利用する事が出来るようになるはず。
なので、まずはここで紹介している機能について一通り読んでみる事をお勧めします。

さて。

そんな便利な機能である画層について、色々な設定を説明してきた訳ですが、新しく画層を作る方法については説明が出来ていませんでした。
それほど難しい操作ではないので今回は新しく画層を作成する方法について紹介してみる事にします。

まずは画層プロパティ管理画面を表示させて…
上部の左側に色々あるボタンの中で、左から四番目のボタンが「新規作成」ボタンになっています。

画層新規作成ボタン

上図の赤く囲っている部分が新規作成ボタンなので、そのボタンをクリックすれば新しく画層が作成されます。

新しい画層が作成された

新規作成してすぐの状態では「画層1」という画層名になっていて、もちろんそんな名前では区分がしにくいのでキーボードから新しい名前を入力してあげましょう。
今回はサンプルなのでどんな名前でも良くて…とりあえず「変更用コメント」という名前を付けておく事にしましょう。

画層名の変更後

これで「変更用コメント」という画層が新しく作成されました。
ここで画層を新しく作成する際の注意点をひとつ。

新規作成される画層は、選択している画層と同じ設定で作成されます。

先ほどの例では「0」画層を選択している状態で画層を新規作成したので、「0」画層と同じ設定の色は白・線種は実線・印刷はするという設定になりました。
これを例えば「_補助線」画層を選択している状態で新規作成した場合…

_補助線画層に合わせて新規作成される

色は「_補助線」画層と同じく74番になり、線種は実線、なおかつ印刷しない設定で新しく画層が作成されました。
今回のサンプルでは「変更用コメント」という画層を作成した訳で、印刷されない画層として利用したいという思いがあります。

であれば、同じような画層である「_補助線」画層を選択肢ながら新規作成を開始した方が、恐らく設定を調整する手間は少なくて済むはず。
なので、新しく画層を作成する際には、どのような設定にするかを意識しつつ、それに近い画層を選択した状態で新規作成をした方が良いです。

これはちょっと細かすぎる話に感じるかも知れませんが…
どうせ最終的にはそれぞれの画層を細かく調整していかなければならないのなら、少しでもその設定手間が少ない方が楽だし効率が良いという考え方です。

ありがちな失敗としては、非印刷画層を知らずに選択した状態で新しく何個も画層を作成してしまい、大半の画層が非印刷状態になっている事に後で気がつくというのがあります。
これは私も未だにやらかしてしまう失敗です。

図面が出来上がって印刷をした時に「何か変な感じが…」と思ってデータを調べてみると、予想外の画層が非印刷状態になっているとか。
そうした失敗を出来るだけ減らす為に、まずは「新規作成される画層は、その際に選択している画層と同じ設定になる」という事を覚えておきましょう。

関連記事

  1. 画層のロック
  2. ByBlock設定の意味
  3. 線種の設定
  4. オブジェクトの表示順序変更手順
  5. 画層色の設定
  6. ZOOM機能