オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

画層で設定出来る項目-5

さて、オートキャド(AutoCAD)の画層プロパティ管理で設定出来る項目について色々と説明をしてきましたが…
そろそろ設定項目についての説明は終わりになりそうです。

細かい設定が多いので、どうしても話が細かくなってしまい、説明を読んだだけではあまりピンと来ないと感じる方が多いかも知れません。
でも、こうした設定は最初にしっかりと理解して調整をしておけば、後はそれほど頻繁に変えたりはしないはず。

最初が大変だという事実は結局変わりませんが、なんとか最後までお付き合い頂けると嬉しいです。
今回は画層プロパティ管理で設定する項目の最後として、印刷という設定項目について紹介をしていきたいと思います。

□印刷

この項目では「それぞれの画層を印刷するか、あるいは印刷しないか」という、ちょっと根本的すぎるかも知れない設定をする事が出来ます。
今までサンプルで出してきた図面の画層プロパティ管理の画面を確認してみると…

 

印刷項目の状態

印刷の項目には全部で三種類の状態があることが分かります。
まずはほとんどの画層がこの状態になっていますが、プリンタのアイコンになっている状態。
そして「_補助線」画層だけがこの設定になっている、プリンタアイコンに禁止マークのような絵が重ねられている状態。

そして最後に「Defpoints」という画層だけがこの設定になっている、プリンタが点灯していない状態みたいなアイコン。
画層プロパティ管理の「印刷」項目では上記の三種類の状態があって、それぞれの状態によって印刷の結果が変わってくる事になります。

とは言っても…

印刷の項目としてはあまりたくさんの選択肢がある訳ではないです。
あるのは「その画層を印刷する」のか、それとも「その画層を印刷しない」のか、という二種類の選択肢しかありません。

・プリンタが点灯している状態 → その画層を印刷する!

・プリンタに禁止マークが表示されている状態 → その画層は印刷しない

・プリンタが点灯していない状態 → そもそもこの画層は印刷出来ない

印刷項目のステータスによって、上記のように印刷の結果をコントロールする事が出来ますが、まあ結局は印刷するかしないかの二択です。
そして、せっかくオートキャド(AutoCAD)で図面を描いている訳ですから、通常は作図した要素を印刷するのが当たり前という現実もあります。

なので、大抵の画層は初期状態である「印刷する設定」になっていて、ごく希に作図の都合で印刷しない画層が出てくるというようなイメージです。
印刷しない画層をどのように使うのか、という話は次回に詳しく説明する事にして、まずは印刷設定の切り替え方法を紹介します。

と言っても全然難しい話ではなく、単純に該当する画層の印刷設定、プリンタマークをクリックする事で印刷するかしないかを切り替える事が出来ます。
あまりないというか絶対にない設定ではありますが、例えば「寸法」画層を印刷しない状態にしたい場合には…

印刷項目をクリック

上記で赤く囲ったあたりをクリックすると…

印刷されない状態に変更された

こうしてプリンタアイコンに禁止マークが付き、この状態で印刷をすると「寸法」画層に入っている全ての要素は印刷されなくなります。
まあそれでは図面として困るので、設定を元に戻しましょう。

先ほどクリックした部分をもう一度クリックすると元の状態に戻るので、何度か試してみるまでもなく、すぐにやり方は覚えられると思います。
これで画層プロパティ管理の印刷項目についての説明は完了です。

手軽に出来る設定ですし、印刷しないという設定は意外に便利なので、図面を作図する際にはぜひ使って見る事をお勧めします。
次回は印刷しない画層の具体的な使い方について考えてみる事にします。

関連記事

  1. ByBlock設定の意味
  2. ZOOM機能のサブメニュー
  3. 手描きで点線を描くのは大変
  4. フリーズ表示などの切り替え
  5. 寸法を記入する方が便利な場合も
  6. 座標系について考える