オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

画層で設定出来る項目-1

前回はサンプル図面で画層プロパティ管理コマンドを使った状態で、どのような画面が表示されて、どんな設定が出来るのかを紹介しました。
主な設定項目としては以下のようなものがありました。

・表示

・フリーズ

・ロック

・色

・線種

・印刷

画層ごとに上記のような細かい設定が出来るので、作図や修正の作業が効率的に進むようになる、というのが画層機能を使うメリット。
今回はそんな画層で設定出来る上記の項目について、ひとつずつ詳しく説明をしていこうと思います。

□表示

表示設定は、その画層をオートキャド(AutoCAD)の画面に表示するかどうかを切り替える事が出来る設定です。
画層プロパティ設定の画面では、電球が光っているか光っていないかで設定を切り替える事が出来ます。

表示の切り替え

電球が光っている場合は表示設定がONの状態を意味していて、この状態だとその画層は画面に表示されます。
一方電球が光っていない場合は表示設定がOFFになっている状態を意味していて、OFFにすると画面から表示されなくなります。

上記の画層プロパティ管理画面では、いくつかある画層の中で「建具」の画層が表示OFFの状態になっているのが分かります。
この設定にすると、図面全体から建具画層だけが表示されていない状態になります。

例えば寸法画層だけを表示ONに設定するとか、文字画層だけを表示OFFに設定するとか、色々な組み合わせが考えられます。
こうした表示に切り替えは、オートキャド(AutoCAD)を使って作図を進めていく際にかなり便利な機能として使う事が出来ます。

切り替え方はシンプルに、電球のアイコンをクリックするだけ。
そうすればONとOFFが交互に切り替わるので、今自分が表示したい画層が何かを意識しつつ設定を切り替えてみましょう。

□フリーズ

フリーズ設定は先ほど紹介した表示設定と似ていて、その画層をオートキャド(AutoCAD)の画面上で表示するかどうかをコントロールします。
フリーズという名前だからなのか、アイコンとしては晴れマークと雪マークがあって、それぞれフリーズされていない状態とフリーズ状態を切り替える事が出来ます。

フリーズの切り替え

上図では「下地」画層と「寸法」画層がフリーズになっている状態です。
この状態だと「建具」画層が表示OFFになっている事もあって、全部で「下地」と「寸法」と「建具」の画層が表示されていない状態になります。

問題は表示OFFとフリーズの設定がどう違うのか、という事ですが…

・表示OFF → 画面には表示されていないけれどデータ的には触れる状態

・フリーズ → データ的に触れずに表示されない状態

という違いがあります。

先ほどの例では「下地」と「寸法」と「建具」の画層が表示されていない状態になっている訳ですが、ここで再作図(REGEN)コマンドを実行すると…
表示OFFになっているだけの「建具」画層は再作図されて、「下地」と「寸法」画層は再作図されないという違いがあります。

また、削除(ERASE)コマンドを実行して、削除する要素を選択する際に「ALL」と入力した場合。
表示OFFになっているだけの「建具」画層は表示されていないけれど選択されて削除され、フリーズされている「下地」と「寸法」画層は削除されません。

これで表示OFFとフリーズの違いが何となく伝わったでしょうか。
表示OFFは「作図中にちょっとだけ表示しないでおく」という状況で使い、フリーズは「このデータはしばらく触らないな」という状況で使う。
そんな使い分けをするのが良いのではないかと思います。

関連記事

  1. 再作図機能
  2. 画層色の設定
  3. ZOOM機能のサブメニュー
  4. 画面表示が上手くいかないと…
  5. Bylayerの使いどころ
  6. 線種尺度の設定方法