オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

画層プロパティ管理

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描いていく際には、画層と呼ばれる表示関連の機能を使っていくと非常に便利です。
最初はちょっと分かりにくいけれど、一度仕組みを覚えて使いこなす事が出来れば、その後はずっと画層を便利に使っていく事が出来ます。

最初は説明ばかりで大変だとは思いますが、早い段階で画層の考え方や使い方などを覚えてしまうと後が楽になるはず。
と言うことで今回は画層機能を使いこなすための最も重要な機能「画層プロパティ管理」コマンドを紹介しようと思います。

まずは画層プロパティ管理コマンドがある場所ですが、「ホーム」タブの中央付近に「画層」というグループがあって、その一番左側に大きめのボタンで用意されています。

画層プロパティコマンド

恐らくかなり頻繁に使う事になる機能のはずなので、出来るだけシンプルにコマンドが実行出来るように設定をしておいた方が良いと思います。

私の場合はショートカットキーに登録していて、わざわざ遠いところにある「画層プロパティ管理」ボタンを押さなくても実行出来るようにしています。
もちろんこうした設定は人によって好みが違ってくるものだとは思いますが、今回紹介している画層プロパティ管理機能は間違いなく使用頻度が高いです。

画層プロパティ管理コマンドを実行すると、以下のような画面が表示されます。

画層プロパティ画面

上記画層の一覧は、私がオートキャド(AutoCAD)の操作説明をする際に使う図面データの画層で、まずまず適当なネーミングになっています。
なので画層の名前自体はそれ程参考にはなりませんが、画層を区分する為の考え方を説明するにはこれで充分だと思います。

まずは画面中央の左側に画層の一覧が表示されていて、それぞれの画層に分かりやすく名前が付けられています。
自分で作成した画層に「分かりやすく名前が付けられています」と自分で言うのも変ですが…例えば「壁」など、パッと見てどんな画層なのかが分かるようになっています。

上図では今のところ名前の昇順で画層が並べられています。
画層の数が多くなってきた場合などでは、頭に数字などを付けて並び順をコントロールした方が便利な事も多いです。

例えば「01壁」と「02下地」など、頭に半角の数値を記入しておけば、その半角数値の順番に画層を並べる事が出来ます。
そうすると画層を選択する操作がやりやすくなったり、一括で画層を選択する操作がやりやすくなったりと色々メリットが出てきます。

その代わりにちょっと画層名が分かりにくくなるデメリットも…
とは言っても、別に「壁」という画層名でも「01壁」という画層名でも、壁の線を表現している画層だという事は伝わるので問題はないと思います。

こうしてまずは色々な画層名をもった画層が並んでいて、その右側にその画層毎の設定が色々と用意されています。
上図を読んでいくと以下のような項目がある事が分かります。

・表示

・フリーズ

・ロック

・色

・線種

・印刷

これらの項目がそれぞれの画層毎に設定出来るようになっています。
こうした設定を細かく調整していく事が出来る、というのが画層機能の大きな特徴であり、便利だと思われる理由でもあるんです。

上図を見て頂ければ分かりますが、サンプルとして紹介した上記の画層一覧でも、既に色々な設定をしている事が分かると思います。
特に「色」の設定が細かく分かれている事が確認出来るはず。

こうした設定項目にはどのような意味があるのかとか、設定をする事によってどんな事が出来るのか、というあたりの話は次回に詳しく説明していく事にします。

関連記事

  1. オブジェクトの表示順序変更手順
  2. ByBlock設定の意味
  3. ホイールマウスを使った画面移動
  4. 表示非表示・ロックの状態を解除
  5. 画層毎の印刷設定
  6. 印刷結果と色の関係