オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

寸法値を編集する方法

オートキャド(AutoCAD)で寸法線を記入する際に便利なのが、寸法を押さえる二点を画面上から指定した際に、数値を自動で記入してくれる事。
自分で計算して自分で数字を記入する、という手描きの作業に比べると、CADが自動的にやってくれる事が多いので非常に助かります。

自動で記入されるという便利さに加えて、記入される寸法値が正確だという事も非常に大きなメリットの一つになります。
自動的にやってくれて、それが毎回完璧に正確。

これがオートキャド(AutoCAD)の大きな特徴だと言えるでしょう。
計算を100回繰り返すと間違える可能性が高くなるのが人間ですが、コンピュータは1000回計算を繰り返しても間違えません。

だから人間が劣っているという話ではなく、オートキャド(AutoCAD)の得意分野がこうした正確な計算にあるだけです。
いくら正確な計算が出来たとしても、今のところオートキャド(AutoCAD)が自分で考えて図面を描いていく事は出来ません。

これはそれぞれの得意分野が違うだけですが…
そうした特徴を考えると、やはり寸法値をオートキャド(AutoCAD)が自動で記入してくれるという機能は便利だと思います。

ただ、図面を描いていく中では、自動的に記入された寸法値に何らかの文字を追加するなど、編集をしたくなる状況も出てきます。
例えば部屋のレイアウト図に出入口の巾を寸法記入したあとで、そこに「出入口」という文字を追加したくなったり。

寸法値に文字を記入した例

寸法値を自動で記入してくれるのだから、こうした文字を追加する場合は一度寸法を記入した後でもう一手間をかける必要があります。
と言っても別に難しい操作が必要になる訳ではなく、単純に文字編集コマンド「TEXTEDIT」を使った寸法値を編集するだけ。

文字編集コマンド「TEXTEDIT」を実行して、編集したい文字を指定する状態で寸法値を選択すると、下図のような状態になります。

寸法値の文字編集状態

上図はすでに「出入口」という文字を記入してある状態です。
何も文字を追加していない寸法値を選択すると、当たり前ですが寸法値だけが表示されていて、その前後に文字を追加出来る状態になっています。
ここで自由に文字を追加すれば、寸法値の前後に説明用の文字が追加されます。

ただ、こうして寸法値に文字を追加する操作は簡単ですが、寸法値自体は消してしまったり、あるいは別の数値を記入したりする事はお勧め出来ません。
もちろん操作としては出来るのですが、それをやってしまうと単純に寸法値の数値が変わってしまう事になってしまいます。

せっかくオートキャド(AutoCAD)が自動的に正確な数値を記入してくれていて、それがCADで作図をするメリットでもあるのに…
そこで違う数値を上書きしする事は可能ですが、それをやってしまうとせっかくの正確な数値が狂ってしまう事に。

例えば扉の巾が「800」と記載されている寸法値を編集して、その数値を「900」に変更する事は、操作としては非常に簡単です。

寸法値を編集している状態

ここで編集して…

寸法値が書き替えられた状態

これで数値の書き換えは完了です。
操作としては非常にシンプルというか、普通の文字と何ら変わりのない操作で文字編集をする事が出来ます。

ただ、普通の文字と同じ操作で編集が出来るとは言っても、普通の文字と寸法値では文字の意味合いが少しだけ違ってくるもの。
なので寸法値を文字編集する際にはちょっち注意しておきたい点があって…というあたりの話を次回は取り上げてみたいと思います。

関連記事

  1. 寸法値の文字
  2. 寸法値の設定
  3. 角度寸法の設定
  4. 寸法の単位設定
  5. 少しずつ無駄を省いて進む
  6. 図面内の寸法