オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

寸法文字移動(DIMTEDIT)

前回は話が大きく逸れてしまい、寸法線とは全然関係のない話を続けてしまいました。
このあたりの話はそれぞれ人によって考え方が違うもので、それぞれのスタンスで仕事に臨めばそれで良いと思っています。
私の意見が絶対に正しい訳でもないので、サラッと流して頂ければと思います。

さて、今回は寸法線についての話に戻る事にして、寸法線の文字、つまり寸法値を簡単に移動する操作をここでは紹介していきます。
オートキャド(AutoCAD)の寸法記入で便利な機能として、寸法を記入した際に、寸法値を中央に自動配置してくれるというものがあります。

直列寸法を記入した状態

以前直列寸法記入の機能を紹介した際に、上図のような寸法を記入してみました。
上図ではそれぞれの寸法値は中央に配置されていますが、この位置が寸法を記入した際の標準的な位置という事になります。

連続でスムーズに寸法を記入していき、寸法値は自動的に中央へと配置されていく。
これは実際にオートキャド(AutoCAD)で作図していく中で、非常に便利だと感じる機能ではないかと思います。

ただ、こうした自動的な配置がどんな状況でもベストという訳ではありません。
先ほどのサンプルではある程度余裕のある寸法だったので、中央に自動配置されたままの状態で良かったのですが、そうではない場合も結構あります。

さらに細かく寸法を記入した場合

例えば上図のように細かい寸法を連続で記入するような状況では、自動的に配置された寸法値同士が重なってしまい数字が読みにくいです。
寸法値を自動で中央に配置する設定になっている以上、こうした状態になるのは当たり前で、仕方がない話ではありますが…

このままの状態では数値が読めないのでなんとかしないといけません。
数字が読めない理由が「オートキャド(AutoCAD)が自動で寸法値を配置するから」では、ちょっとプロとして寂しい話ですよね。

という事で、この数値を簡単に移動するコマンドとして、寸法文字移動(DIMTEDIT)という機能を今回は紹介しようと思います。
寸法文字移動コマンドはリボンの注釈タブ内(下図)にありますが、あまり使いやすい位置には配置されていません。

寸法文字移動コマンド

上図を見ると分かりますが、ボタンが幾つか用意されていて、左側・中央・右側にそれぞれ移動が出来るようになっています。
しかし図面の状況にもよりますが、寸法値が重なっている状況では、少し右側に寸法値を移動しただけでは解決しない事も多いです。

なので、右側に移動するなどのボタンではなく、最初から自由に寸法値を移動出来るように「DIMTEDIT」と直接コマンドを入力してみる事をお勧めします。

DIMTEDIT 寸法を選択:

コマンドを開始すると上記のような表示が出て、まずは寸法値を移動したい寸法を選択する状態になります。
ここで文字が重なった寸法を画面上から指定すると…

寸法値を自由に移動出来る状態

上図のように寸法値がカーソルに合わせて移動出来る状態になります。
ここで寸法値が読めるように画面上で指定すると、寸法値が移動されてコマンドは完了します。

寸法値を調整した状態

これを重なっている全ての寸法値で実行すれば、上図のような状態になって操作は完了です。
実際の図面では、上図のように寸法線をいくつも一列に並べて記入している状態は、あまりお勧めする事は出来ません。
計算をしないと数値が出ない状態になってしまう、というのがその理由です。

だからと言って何段にも分けて寸法を記入すれば良いという話でもなく、見やすい寸法を記入していくというのは実際結構難しい事なんですが…
今回は純粋にオートキャド(AutoCAD)の操作を説明する事がテーマなので、あくまでもサンプルの図面として見て頂ければと思います。

関連記事

  1. 寸法設定は手間なのか
  2. 寸法値の文字
  3. 平行寸法記入の手順
  4. 寸法のフィット設定
  5. 寸法記入の基本
  6. 半径寸法記入