オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

寸法記入の基本

オートキャド(AutoCAD)で図面を作図する際に重要となる、縮尺と寸法の関係について前回は考えてみました。
慣れてしまうと別にそれほど難しい話ではないのですが、縮尺ごとに寸法の設定を変えるという考え方が最初は慣れなかったりします。

オートキャド(AutoCAD)では色々なシーンで縮尺の概念が出てくる事になりますが、やっぱり慣れていないと難しいんですよね。
でも実際に使ってみるとそこまで頭を悩ませるような項目ではない、という事が分かってくるのではないかと思います。

慣れた後でも考え込んでしまうような複雑過ぎる機能では、ちょっと仕事で使うツールとして困ってしまいますが…
実際はそこまで難しいものではないので大丈夫です。

さて、寸法の概念とか設定についての話を今まで色々としてきましたが、そうした話はあくまでも寸法記入の準備段階でしかありません。
実際に寸法を記入しないと図面での表現は出来ませんので、そろそろ実際のオートキャド(AutoCAD)の画面上で寸法を記入していく手順に進んでいく事にしましょう。

寸法線を図面上に記入する為に用意されているコマンドは色々ありますが、寸法というのは基本的に二点間の距離を表すものです。
なので、基本的には寸法を記入したい二点を画面から選択する事になりますが、その二点を指定するやり方は幾つかあります。

・画面上から二点を指定

これが最もオーソドックスなやり方で、画面上から寸法を記入したい点を二点指定する事によって、その間の寸法を記入していくという流れになります。

寸法記入の二点を指定

例えば上図のような図形があったとして、横方向の寸法を記入したい場合には、両端の交点あるいは端点を指定するという感じです。
その後、その寸法をどこに配置するのかを再度画面上から指定してあげれば、下図のように寸法線が記入されます。

寸法記入された状態

これがまずは基本的な寸法記入の流れになります。

・寸法を記入したい要素をそのまま指定

寸法を記入する際のもう一つの方法は、寸法を記入したい要素をオートキャド(AutoCAD)の画面上からそのまま選択するというやり方。

寸法を記入したい要素をそのまま選択

先ほどの図面で言えば、この方法では横方向の全体寸法を記入するのは難しいですが、上図のように線分をそのまま選択するというやり方。
その後は先ほど紹介した二点を指定するやり方と同様に、どこに寸法を記入するかを画面上から再度指定して、下図のように寸法が記入されます。

寸法が記入された状態

少しやり方は違ってきますが、こちらのやり方が楽な場合もあるので、両方の寸法記入方法を覚えておくと便利です。

私の場合では、画面上の二点を指定する場面の方がかなり割合としては多いかな、という気がしています。
これはなぜかというと、この後説明する予定の直列寸法記入記入をする際に、二点を指定した方がスムーズな場合が多いからです。

二点を指定する場合は「一点目」と「二点目」という向きがあるので、その続きで寸法を記入していくのが楽なんです。

単純に線分を指定する場合には、線分を作図した順番という要素が入ってくるのですが、そこまで覚えているのはちょっとしんどいです。
だからいざ寸法を記入する段階になるとちょっと分かりにくい場合がある、という感じです。

そのあたりの流れは何度か実際に寸法を記入していけば掴めていくものなので、まずは上記で紹介した二通りのやり方をそれぞれ試してみましょう。
どのようなコマンドを使うのか、という具体的な操作の流れについては、次回に詳しく説明していく事にします。

関連記事

  1. 寸法の更新を使う状況
  2. 寸法値の設定色々
  3. 図面内の寸法
  4. 寸法更新の手順
  5. 予想外の結果になる場合も
  6. 寸法の尺度設定