オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

自動調整寸法について

オートキャド(AutoCAD)の寸法スタイル管理設定についての説明を、ようかく前回で完了する事が出来ました。
ちょっと説明としては長くなってしまいましたが…

寸法スタイル管理設定は、寸法の見た目を左右する重要な設定で、寸法の見た目というのは図面に見映えに大きな影響を与える要素でもあります。
つまり、最終的に美しい図面を描く為には寸法の見た目についてある程度時間をかけてでも知っておく方が良いという事に。

そんな考えから、ちょっと説明が長いよな…と思いつつも、ある程度細かい設定まで説明しておく事にしました。
もしかしたら「説明を読んだけどその設定を調整する意味がよく分からない」と思ってしまうような設定もあるかも知れません。

もしそうした設定があった場合には、何度も読み返して頑張って理解しようとするのではなく、次の説明に進んでしまった方が良いと思います。
いずれそうした設定を変える必要がある時が来るかも、程度の認識でさっと覚えておくだけで恐らく大丈夫です。

さて、寸法スタイル管理についての話はこれで終わりにしておき、今回はオートキャド(AutoCAD)の自動調整寸法について考えてみる事にします。
まずは自動調整寸法という機能がどんなものなのかを考えてみましょう。

オートキャド(AutoCAD)では寸法を記入する際に、やり方は幾つかありますが、通常は画面上から二点を指定する事になります。
二点間の距離をCAD側が自動的に計測して、その数値を自動で記入してくれる、というのが一般的な寸法記入の考え方になります。

一般的な寸法のパターン

二点を指定するのは操作する側で、その二点間の距離はオートキャド(AutoCAD)側が計算してくれる、というのが寸法記入の便利なところ。
ただ、一度寸法を記入した後で形状が変更になる、というのは図面では良くある話です。

例えば上図で「二点目」と書かれている部分が右側に30移動するとか。
そうした場合にどうするかというと、オートキャド(AutoCAD)には色々な機能があるので、図面修正のやり方は色々とありますが…

この場合はストレッチ機能を使って絡む要素を一気に囲んでしまい、全体的に30右側に移動してしまうのが最も効率的です。
ただ、そのやり方だと自動寸法記入の効果が全然伝わらないので、ここではあえて移動コマンドとフィレットコマンドを使うやり方を紹介します。

形状が変更となるので、その要素を移動するとまずはこんな状態になります。

寸法を押さえている部分が移動した状態

これが一般的な状態で、当たり前ではありますが、線分を移動しただけですから他の要素はそのままになってしまいます。
だからこそ移動コマンドではなくストレッチコマンドを使った方が楽という事になる訳ですが、自動調整寸法機能を利用している場合にはこうなります。

自動調整寸法機能がONになっている場合

線分を移動しただけで、寸法も自動的に移動された線分に合わせてオートキャド(AutoCAD)側で調整してくれるんです。
これは非常に便利な機能で、昔のオートキャド(AutoCAD)では決して出来なかった事。

どうすれば自動調整寸法を使えるかというと、操作は簡単で、オプション内の「基本設定」タブにある「新しい自動調整寸法を作成」という項目にチェックを入れるだけ。

自動調整寸法機能をONに

特別なコマンドを使って寸法を記入する必要はなくて、この項目にチェックを入れた状態で寸法記入をすれば、全ての寸法が自動調整寸法になってくれます。
これは実際に使ってみるとかなり便利なので、まずは試してみる事をお勧めします。

関連記事

  1. 寸法値の設定色々
  2. 0省略表記
  3. 寸法値の文字
  4. 寸法線の形状色々
  5. 少しずつ無駄を省いて進む
  6. 寸法の手動記入を一括で元通りに