オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

寸法スタイル管理(フィット)-2

オートキャド(AutoCAD)の寸法スタイルを設定する項目として、「フィット」タブの内容を前回からは紹介しています。
矢印の向きとか寸法値の位置などは、スペースに余裕がある場合は特に気にする事なく自動配置されるものですが…

図面を作図していく中では、結構狭い部分の寸法を表現していく必要がある場合が結構あって、そうした場合の設定も考えておく必要があります。
その場合には、前回も少し書きましたが「寸法矢印の形状はどれが適しているのか」という部分も含めて一度考えてみると良いと思います。

今回は引き続き「フィット」タブ内の設定を紹介していく事にします。

□寸法値の配置

オートキャド(AutoCAD)で寸法を記入すると、寸法値は基本的に寸法線の中央に配置されるようになっています。
設定を調整すれば別の場所にも配置する事が出来ますが、図面の基本は中央に配置ですから、特に問題ない場合は中央に配置した方が良いです。

ただし前回の設定でもあったように、寸法値よりも寸法記入の押さえ点の方が狭い場合は多く、その場合には寸法値を手動で移動して調整していく必要があります。
そうした寸法値を移動調整していく際に、どのような動きをするのが良いか。
この「寸法値の配置」項目ではそのあたりの動きを設定していく事になります。

それぞれの項目を見ていくと…

・寸法値を移動すると寸法線も移動

・寸法線を移動したときに引出線を記入

・引出線なしに寸法値を自由に移動

というような選択肢があり、これらの設定から最も適しているものを選択する事になります。

図面の見やすさを左右する項目として、寸法をどこに配置すれば良いのか、という要素があって、図面を描く側はそこを意識して見やすい図面を描いていきます。
そうした事を考えると、寸法値を移動する度に寸法線の位置が変わってしまうという、一番上の設定は少し扱いが難しいかなと個人的には思っています。

あとは寸法値を移動した際に引出線を表示するという項目ですが、これは実際にやってみるとこんな感じに表現されます。
ついでに「寸法値を移動すると寸法線も移動」の設定も試してみました。

寸法値を移動すると寸法線も移動した場合

これで何となくイメージは掴めるのではないかと思います。
少なくとも上図右側の寸法線を移動してしまう設定は、図面としてはあまり良い状態にならない事が伝わるのではないでしょうか。

最後の項目として「引出線なしに寸法値を自由に移動」という設定がありますが、これは先ほど紹介した引出線を記入した設定の引出線がないバージョンです。

比較してみるとこんな感じ。

引出線なしに寸法値を自由に移動した場合

引出線がある状態と、引出線なしの状態では、上図のサンプルだけを考えると引出線がなくても全然問題ないという感じになっています。
しかし図面の密度が濃くなってくると、どの寸法がどの寸法値なのかが分かりにくくなる場合もあって、そうした状況では引出線があった方が良い場合もあります。

なので、一概に「これが正解」とは言いにくいのですが、私の場合は大抵の場合引出線がない設定にしています。
そんな状態でも分かりやすくて見やすい図面を描く、というのがその主旨ではありますが、時々引出線があった方が見やすいと感じる場合もあります。

そうした設定はケースバイケースで買えていけば良いので、そこで「私は引出線がない方が好き」みたいな変なこだわりは持たない方が良いです。
こだわりを持つことは大事な事ではありますが、見やすい図面を描く為に設定は色々変える、というこだわりを持っておく事を当サイトではお勧めします。

関連記事

  1. 寸法のフィット設定
  2. 寸法線の形状色々
  3. 寸法の単位設定
  4. 寸法文字記入の注意点
  5. 寸法値と縮尺の関係
  6. 矢印の設定