オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

寸法スタイル管理(寸法値)-2

前回は寸法を構成する要素として、寸法値の設定について説明をしてきました。
まだ全然説明が途中の状態なので、今回も引き続き寸法値の設定項目について説明を続けていきたいと思います。

□塗り潰し色

オートキャド(AutoCAD)の寸法値は、数値の背面に色を付ける事が出来ます。
数値の背景に色を付けてどうするの? と思うかも知れませんが、これが意外に重宝する機能だったりします。

塗り潰し色の設定

寸法値の背面に色を設定するとこんな感じになり、線や塗り潰しと重なってしまいがちな寸法値が結構読みやすい状態になります。
では寸法値と寸法値が重なったらどうなるのか…という問題もあるのですが、上図程度の密度であれば背面に色を設定するのは効果的です。

塗り潰し背景色の設定

上記のように「塗り潰し色」をクリックすると色の選択が出来る状態になりますが、何色に設定するかを考えるより「背景」の設定をお勧めします。
「背景」に設定すると、オートキャド(AutoCAD)の背景と同じ色に設定されるので、見た目に大きな違いがない状態になります。

それでいて先ほど紹介した図面のように、寸法値の部分だけ線を表示しないという状態に出来るので、この設定が一番使い勝手が良いと思います。
ただし注意したいのが、単純にこの設定をしただけでは効果がないという事。

オートキャド(AutoCAD)にはそれぞれの要素ごとに表示順序という考え方があって、寸法よりも前面にある線分などはそのまま表示されてしまいます。

表示順序設定が出来ていない例

ちょっと極端な例になっていますが、寸法が一番背面にある場合には、いくら塗り潰し色の設定をしたところで意味がない、という事が上図を見れば分かります。
これはハッチングを取り扱う時に必ず意識しなければならない設定なので、寸法値の背面設定の為だけに表示順序を意識するという訳ではありません。

せっかくこうした設定をしたとしても、詰めが甘いと上図のように寸法値が読めない状態になってしまうので、そこは注意が必要になります。

□文字の高さ

この項目はもう読んだままですが、寸法値の文字高さの設定になります。
オートキャド(AutoCAD)で図面を描く際に文字の大きさをどうするのか。
そんな話を以前紹介した際には、文字高さは2.5mm~4mm程度が読みやすい、という話をしたと思います。

4mmの文字は図面のタイトルなど、少し特別な文字で使う大きさで、一般的な文字や寸法値は2.5mm程度で充分です。
なのでこの寸法設定でも2.5mmに設定してあります。

文字高さの設定

ただしここで注意点がひとつ。
寸法値としてどの文字スタイルを使用するかを設定する事になる訳ですが、文字スタイル側で文字の高さを設定している場合、そちらが優先される事になります。

色々な縮尺で同じ文字スタイルを使う事を考えると、文字スタイル側の文字高さ設定は必ず0に設定しておき、寸法スタイル側で設定してあげる必要があるんです。
これを間違えるとややこしい事になるので、そこだけは文字スタイルを設定する段階で意識をしておく事をお勧めします。

この基本ルールをしっかり理解しておかないと、設定を色々変えたのに自分の思ったように動かないという、設定で一番困る状態になってしまいます。
そうなると「もう寸法スタイル設定は面倒…」という気持ちになってしまい、先に進むのが大変になってしまうという悪循環に。

そうならない為にも「これを設定すればこうなる」という関係性を理解しながら進めていく必要があるので、まずは文字スタイルと寸法スタイルの関係性をしっかり押さえておきましょう。

関連記事

  1. 寸法の単位設定
  2. 寸法と尺度の関係
  3. 手動入力寸法を戻す方法
  4. 寸法値の文字
  5. 寸法記入の基本
  6. 寸法文字記入の注意点