オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

図面内で寸法が持つ役割

このカテゴリでは、オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描いていく際になくてはならない「寸法」を取り上げていきます。
オートキャド(AutoCAD)の機能を紹介していく中で、寸法関連の機能は避けては通れないと言う感じの機能だと思います。

なので、ようやく寸法関連の機能を紹介出来る、という気持ちでいるのが正直なところです。
…という私の気持ちはさておき、まずは図面にとって寸法がどのような存在になっているのか、というあたりについて考えてみる事にしましょう。

前回のカテゴリで取り上げた文字と並んで、寸法というのは図面を構成する上で非常に重要な要素で、もう必要不可欠と言っても良いくらいの存在になっています。
それはなぜかというと、図面はもともと作図対象の大きさなどを説明する為の道具だからです。

建物だったり部品だったりと種類は様々ですが、図面というのは基本的になんらかの「もの」がどのような形状になっているかを表現するツールです。
作図する対象がどのような形状でどのような大きさなのかを示すには、やはり説明する為の文字や大きさを表す寸法が重要になってくる。

これは恐らくごく自然な事ではないかと思います。

例えば建物を表現した図面について考えてみると…
建物を造っていく為には色々な種類の図面が必要になってくる訳ですが、その中でも非常に重要なのが建物の平面プランがどのようになっているかを表現する「平面図」になります。

図面内の寸法

平面図で壁の位置や壁に囲まれた部屋がどのような用途の部屋なのかを説明していく事になり、その部屋にどこから入るのかを表す扉なども表現していきます。
しかしその表現に寸法が入っていない場合、壁の位置が具体的にどのあたりになるのかを説明する事が出来なくなってしまいます。

建物にとって部屋の面積というのは結構重要な要素になってくるので、面積を意識しながら建物の設計を進めていく事になります。
しかし面積を決めていくには正確な壁の位置が必要になって、その壁位置を説明するには寸法線がどうしても必要になる、という話になってきます。

ちょっとまわりくどい話になってしまいましたが…

・寸法を記載していない状態では、図面を見る相手に伝えたい情報を全部表現することが出来ない。

・だから図面を作図するにあたっては、寸法を記載していく必要がある。

というような結論になるかと思います。
要するに「図面を描いていく為には寸法がどうしても必要です」という話でしたが、まずはその必要性について少ししつこく説明をしてみました。

こうして図面内に配置されていく寸法は、もちろん図面の種類によってその密度は違ってくるものの、結構な割合で配置されていく事になります。
そうなると、寸法をどのように記載していくのかによって、図面のイメージがかなり大きく変わってくるとも言える訳です。

寸法の描き方を見れば作図する人の実力が分かる。

というような意見もあって、私も昔はよくそのような事を言われながら仕事をしてきました。
確かに作図に慣れていないと、どんな寸法が図面を見る側に求められているのかが分からない、という話はあると思います。

だからあまり必要のない寸法を入れてしまったり、逆に必要な寸法が入っていなかったりして、ちょっと不親切な図面になってしまうのでしょう。
そのような意味で「寸法を見れば…」という意見があるのだと思います。

こうした意見は確かに事実ではあります。
だからこそオートキャド(AutoCAD)で図面を描いていく際には、寸法が重要な要素になってくる訳です。

具体的な操作の話をする前に、まずはそのあたりの話をもう少し突き詰めて考えてみる事にしましょう。

関連記事

  1. 直列寸法記入
  2. 寸法の単位設定
  3. 寸法文字の移動
  4. 寸法値の設定色々
  5. 寸法と尺度の関係
  6. 見た目の統一感