オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

文字基準点の一括変更(Justifytext)

文字基準点が思ったような設定になっていない場合、後で編集する際にどんな状況になってしまいがちなのか。
そしてその設定を出来るだけ影響が少ないまま変更するにはどうすれば良いのか、という話を前回は紹介しました。

編集する図面にどの程度文字が配置されているかによって、どんなやり方がベストなのかが少し違ってくるはずですが…
たくさんの文字を位置はそのままにして、文字基準点だけを変更する場合には「文字位置合わせ」コマンドが非常に便利だと思います。

文字位置合わせ機能では、現在の文字位置を変更せずに文字基準点を変更する事が出来るので、前回紹介したような状況で重宝します。
と言うことで、今回は「文字位置合わせ」機能の基本的な流れを説明していく事にします。

まず、文字位置合わせコマンドがどこにあるか。
ちょっと分かりにくい位置にあるんですけど、「注釈」タブ内の「文字」中央付近に目立たない感じで用意されています。

文字基準点一括変更コマンドの場所

あまり実行しやすくない位置にボタンが用意されています。
しかしそこまで頻繁に使う機能ではないはずなので、その都度このボタンをクリックするやり方でも大きな問題はないと思います。

JUSTIFYTEXT オブジェクトを選択:

コマンドを開始すると上記のような表示が出るので、文字基準点を変更したい文字を画面上から選択していき、選択が終わったら「Enter」を押します。

位置合わせのオプションを入力
[左(L)/位置合わせ(A)/フィット(F)/中心(C)/中央(M)/右(R)/左上(TL)/中心上(TC)/右上(TR)/左中央(ML)/中央(MC) /右中央(MR)/左下(BL)/中央下(BC)/右下(BR)] <左>:

そうすると上記のような表示が出て、変更後の文字基準点を指定する状態になります。
たくさんの選択肢がある状況ですが、ここで変更したい基準点を入力して「Enter」を押せば設定は完了します。

もしくはコマンドライン上で該当の文字をクリックしてもOKで、文字位置合わせコマンドの実行はこれで完了しました。
文字位置合わせコマンドを実行した状態の図面がこちら。

文字基準点一括変更前

ちょっと分かりにくいので、変更前の文字基準点をもう一度表示してみると…

文字基準点一括変更前

文字の位置がそのままで、文字基準点だけが変更になっているのが分かると思います。

ちょっと地味な感じの機能ではありますが、文字の位置自体は全く変わらずに、文字の基準点だけが変更される事になります。
既に作図された図面の見た目を変えずに、編集しやすいようにデータだけを変えたい場合などでは非常に重宝するコマンドではないかと思います。

このコマンドを知っているか知らないかで、修正作業の効率が大きく変わってくる。
ちょっと大げさかも知れませんが、そうした状況になる場合もあるので、まずはオートキャド(AutoCAD)がこうした機能を用意している事を覚えておきましょう。

具体的な手順はそこまで難しくないので、実際にそのコマンドが必要になって時に調べても充分に対応が出来るはず。
まずはこうした機能があることを知っていないと始まらないので、コマンドの概要とメリットを知っておくことをお勧めします。

文字基準点の設定についての話はこれで終わりです。
ちょっと説明が長くなってしまいましたが、最後までお付き合い頂きありがとうございます。
文字に関する説明もそろそろ終わりに近づいてきましたが、次回はオートキャド(AutoCAD)で日本語入力をする場合について考えてみたいと思います。

関連記事

  1. 図面のチェック
  2. マルチテキスト記入
  3. 文字基準点
  4. 仕事はスピード感も必要
  5. 文字スタイル管理
  6. ダイナミック文字記入