オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

文字の基準点設定

さて…前回までの話が少し漠然とした話になってしまったので、話をオートキャド(AutoCAD)の文字関連についての話に戻します。
文字編集のやり方まで紹介したので、今回は文字の基準点について考えてみる事にします。

まずは文字の基準点とは何か? という話から。

文字の基準点というのは、もうそのまんまの説明になってしまいますが、それぞれの文字に与えられている基準点がどこにあるのか、という設定です。
ちょっと説明が良くないので図面で説明してみます。
基準点が左寄せになっている文字と基準点が中央になっている文字の違いがこちら。

文字基準点の違い

上記のような制御点は通常表示されている訳ではなく、文字を選択した時に表示される特殊な点で、この位置を元にして文字はコントロールされます。
例えば上図の文字を編集して文字の長さが変わってしまった場合。

文字数が変わった場合の状況

文字数によって文字の長さが変わった場合には、基準点が固定となってそこから文字列が伸びたり縮んだりします。
日本語は横書きの場合、基本的に左から右に向かって書いていくものですから、左側が固定されている左寄せの設定が分かりやすいでしょう。

ただ、図面の状況によっては中央を固定したい場合などもあるはずで、そうした場合には文字の基準点を変更する事が出来るようになっています。

文字の基準点を中央にするメリットは何か? を考えてみると、例えば下図の室名のように、文字数によらず文字を部屋の中央付近に配置したい場合などが考えられます。
こうした状況というのは図面内に結構あるので、そうした場合には個別に文字の基準点を変えていくと作図が効率的になったりします。

また、オートキャド(AutoCAD)ではない別のCADにデータを変換するような場合には、文字の基準点をあまり変えない方が良い場合もあります。
そもそも別のCADでは、オートキャド(AutoCAD)のように文字の基準点という概念がない事も考えられます。

そうなると、データ変換した瞬間に全てそのCADの標準設定(大抵は左寄せだと思います)に変換されてしまい、文字の位置がおかしくなる事もあります。
CADデータ変換ではある程度上手くいかない事も前提としてありますけど、あえて変換したら変になるような設定は使わない方が良いでしょう。

文字の基準点は色々ありますが、文字に対してどのあたりに基準点があるのか、という考え方で色々用意されています。

左寄せ・中心・右寄せ・両端揃え・中央・フィット・左上・上中心・右上・左中央・中央・右中央・左下・下中心・右下

両端揃えというのは基準点が二点あって、文字の長さによって文字サイズを自動的に変えながらその二点をあくまで守るという設定。
だから文字列が長くなりすぎると、文字自体が小さくなりすぎて読めなくなります。

フィットというのはやはり基準点が二点あって、文字の長さによって文字の幅係数を自動的に変えながらその二点を守るという設定。
だから文字列が長くなりすぎると、文字が縦長になりすぎてやっぱり読めなくなります。

両端揃えもフィットもあまり思ったようにコントロールしにくいので、当サイトではあまりお勧めしない設定でもあります。
それ以外の基準点は読んだままなので特に違和感はないと思います。

この基準点を変えるには、文字を選択した状態でプロパティ画面を確認して、「文字」項目の「位置合わせ」から新しい基準点を選択すればOK。

文字基準点の変更方法

ただ、文字を配置した後で基準点を変えてしまうと、その基準点にあわせて文字の位置が変わってしまうという問題があります。
なので、文字の基準点を変更したい場合は、文字を配置する前に調整しておいた方が良いでしょう。

関連記事

  1. 文字スタイル管理
  2. 文字基準点
  3. 文字スタイル管理
  4. フォントは色々とある
  5. 文字をコピーする際の注意点