オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

作図スピードを高めるには

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を作図する際には、出来るだけ正確な図面を作図するように心がける。
これはちょっと当たり前過ぎる話ではありますが、前回はそんな話を取り上げてみました。

作図が早い人よりも正確な図面を描く人の方が喜ばれる、という話もついでに取り上げましたが…
これは正確な図面を描く事さえ出来れば、操作のスピードにこだわらなくてもOKという事を意味している訳ではありません。

どちらか一方しか選べないという究極の選択をする場合には、やっぱり正確な図面を描く方を選びたいという気持ちになります。
しかし実際には両方を目指す事が出来るので、せっかくオートキャド(AutoCAD)のプロを目指すのであれば、やはり早さと正確さの両方を追いたいものです。

それに、実際の仕事であった方を思い出してみると、作図は遅いけれど正確な図面を描くという方はあまりいない気がします。
作図が遅い方は図面の正確さにも何がある場合があって、操作が早い方の方が正確な図面を描くという事が多かったような。

もちろんこれは私の個人的な感想なので、全般的に言えるような話ではありませんが…
作図が早い方は時間的な余裕があるので、図面を見直す余裕もあって、作図時間に余裕がない場合は図面を見直す余裕がないという事なのかも知れません。

仕事はスピード感も必要

と言うことで、結局は作図のスピードと正確さを身につけた方が有利という話でした。
こうした一般的な意見だけで話が終わるのはフェアではないので、今回は人よりも早く作図を終えるようになるにはどうすれば良いか、という事を考えてみたいと思います。

オートキャド(AutoCAD)の操作スピードを早くする為には、まず基本をしっかりと作っておく必要があります。
基本というのは「どんな機能があるのか」という事で、まずオートキャド(AutoCAD)の色々な操作について詳しく知っておく事がスタートです。

そうした機能を知った上で、作図に必要な機能とそうでもない機能を分けていき、使用頻度の高いコマンドを思いのままに実行出来るようになる。
そうして手を早く動かしながら効率化を進めた結果として、人よりも操作が早くなるというような流れになるのではないかと思います。

もちろんそこまで真面目に考えなくても、毎日オートキャド(AutoCAD)を操作していれば慣れてきて自然と操作は早くなるものですが…
それだと同じ経験年数の人との差が付かないので、そこはプラスアルファで色々と工夫をしていくしかありません。

少なくとも今現在自分が持っているスキルで満足している場合、それよりも高いスキルを身につける事は出来ません。
「もっと便利な機能はないか」とか「今よりもっと効率の良いやり方はないか」という気持ちを持っている事が重要になってきます。

これが簡単そうに見えて結構大変です。
経験を積めば積むほど自分のやり方が確立されてくるし、その慣れたやり方を変える事が難しくなってくる。
そうなったところでオートキャド(AutoCAD)のスキルは完成なんですよね。

そこから自分のやり方をどれだけ変えていけるか、というあたりでスキルに大きな差が付いてくるような気がしています。
これは自分自身にも同じ事が言えるので、半分は自分に向かって書いているような感じです。

操作のスピードが早いと、仮に間違えた事をやったとしても、その修正も早いので全体的に早いという事になります。
そして時間に余裕があれば完成した図面を見直す余裕も出てくる、というのは先ほども書いた通りです。

当サイトを読んでいるような勉強熱心な方には、ぜひ操作スピードと正確な図面の両方を目指して頂きたいと思います。

関連記事

  1. 文字スタイル管理
  2. 文字が読めない状態
  3. ダイナミック文字記入
  4. マルチテキスト記入
  5. 設定が多くて悩む事も
  6. 文字スタイル管理