オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

マルチテキスト(Mtext)

前回はAutoCAD(オートキャド)で作図する図面に文字を記入する機能として、ダイナミック文字記入コマンドを紹介しました。
何がダイナミックなのか…という部分が気になりますが、リボンメニューには「ダイナミック」という言葉が入ってないんですよね。

でも、メニューバーから文字記入コマンドを実行しようとすると…

ダイナミック文字記入の記載

確かに「ダイナミック」って書いてあるんですよね。
そのあたりの理由について詳しくなくても図面は作図出来るので、当サイトでもあまり深く調べない事にします。

ということで、今回はもう一つの文字記入コマンドとして「マルチテキスト」を紹介したいと思います。
前回も少し出てきましたが、マルチテキストの場所はダイナミック文字記入と同じ場所にあって、初期設定ではマルチテキストが実行しやすくなっています。

マルチテキストコマンドの場所

コマンドを実行すると以下のような表示が出ます。

現在の文字スタイル: “Standard” 文字高さ: 2.5 異尺度対応: いいえ
最初のコーナーを指定:

ここでは画面上からマルチテキストの対角点を指定する事になりますが、画面上では以下のような感じになっています。

マルチテキストを記入する状態

なんとなくカーソルに合わせて文字が移動していて、画面上から対角点の一点目を選択すると以下のような表示が出て、画面は下図のようになります。

もう一方のコーナーを指定 または [高さ(H)/位置合わせ(J)/行間隔(L)/回転角度(R)/文字スタイル(S)/幅(W)/段組み(C)]:

マルチテキストの対角点を指定

どんな範囲をマルチテキストにするのかをここでは指定する事になります。
色々な設定があるのがなんとなく分かりますが、ここでは画面上からもう一方の対角点を指定してどんどん進めていきましょう。

マルチテキストの記入

そうすると上図のような表示に切り替わり、画面上から文字を記入できる状態になった事が分かります。
基本的にはダイナミック文字記入とそれ程違う流れになる訳ではなく、ほぼ同じような感じで進んでいます。

マルチテキストで文字を記入した状態

ここで文字を自由に入力して「Enter」を押せばコマンドは完了、という事にマルチテキストの場合はなりません。
マルチテキストは複数行の文字を一つの文字列として扱う事が出来るので、単純に「Enter」を押しただけだと改行されるだけなんです。

なので、リボンの一番右にある「テキストエディタを閉じる」というボタンをクリックしてマルチテキスト入力を完了させます。

テキストエディタを閉じる

これでマルチテキストの入力は完了しました。
マルチテキストは前回紹介したダイナミック文字記入にくらべ、テキストエディタで色々と出来たりします。

例えば文字の中で部分的に色を付けてみたりとか、部分的にフォントを変えたりとか、そうした操作がマルチテキストでは簡単に出来る。
これがマルチテキストの大きなメリットだと言えるでしょう。

ダイナミックテキストはシンプルな操作感で手軽に使えるのが特徴なんですが、文字の大きさやフォントや色などは全体で変えることしか出来ません。
もちろん図面を作図する際に、そこで大きく困ることはそれほどない、というのが現実ではありますが…

一つの文字列内で部分的に色を付けられた方が便利だよな…と感じる状況もあるので、そうした場合にはマルチテキストの方が優れた機能だと言えます。
そうでもない場合には、ダイナミックテキストの方が使い勝手が良かったりする場合もあるので一概には言えませんが。

シンプルで使いやすいのが良いか、あるいは高機能な方が良いのか。

これは図面を作図する状況によって違ってくるので、状況に応じてより便利なやり方を選ぶのが正解ではないかと思います。

関連記事

  1. 図面のチェック
  2. 文字の見やすさに気を遣う
  3. フォントは色々とある
  4. ダイナミック文字記入
  5. 文字編集