オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

文字スタイル管理(style)-4

前回はオートキャド(AutoCAD)の文字スタイル設定として、まずは新しく「ゴシック」という名前の文字スタイルを作成したところまで説明をしました。
文字の見た目をCAD上で使い分けるには、この文字スタイルを幾つか作成して、文字毎にそのスタイルを切り替えていくという感じです。

文字スタイルとして設定出来る項目には幾つかあって、具体的には以下のような項目がある、という話もあわせて紹介してきました。

 

・フォント

・異尺度対応とするか

・文字高さ

・上下左右反転

・幅係数

・傾斜角度

 

今回は話を具体的にしていく事にして、文字スタイルごとに設定出来る上記の項目がどのような役割を果たしていくのか、というあたりについて説明をしていこうと思います。
まずは前回も途中まで説明をしてきたフォントの設定から。

 

□フォント

文字スタイル管理画面の中央上部にある「フォント名」項目は現状「Arial」になっていますが、そのフォント名をクリックすると色々な選択肢が出てきます。
フォントはたくさん用意されているので、もう選び放題という感じです。

フォントの設定

フォントの選択肢が多すぎて正直困るくらいですが、この中から自分で設定したいフォントを選択してあげればフォントの設定は完了です。
設定自体はかなり簡単に終わってしまうはずです。

ただ、どのフォントを選択すれば良いのかで逆に悩んでしまう場合もあるのではないかと思います。
選択肢が多すぎるのが良いのかと言うと、別にそうでもない場合も多いんですよね…

オートキャド(AutoCAD)で作図する図面は、最終的に紙に印刷して使うものなので、そのフォントが印刷した際にどのくらい違って見えるのか。
これがフォントを切り替える際のポイントになってくる訳ですが、図面で印刷される文字サイズは2.5mm~3mm程度が標準です。

広告などで使う場合は大きく印刷されるのでフォントが非常に気になりますが、図面ではそこまで大きな文字はあまり出てきません。
なので微妙に違っているフォントを細かく切り替えてもあまり効果がありません。

そのあたりを考えると、実際に図面で配置するフォントはそれ程多くないと言うか、そこまで細かくフォントを分けてもあまり違いがないと言うのが正直なところ。
オートキャド(AutoCAD)で図面を描いていく際には、ゴシック体か明朝体か、もしくはCADフォントにするのかというくらいの区分で良いと思います。

と言うことで今回は「MSゴシック」を選択してみました。

フォント名の右側に「フォントスタイル」という項目があって、現状では「標準」と表示されていますが、MSゴシックを選択した状態であればこの項目は特に編集しなくてOKです。
同じく「ビッグフォントを使用」というチェック項目もありますが、これが先ほど少し説明したCADフォントにする場合に必要な設定になります。

なのでMSゴシックを選択している状態では選択する事が出来ません。
CADフォントの設定については次回にもう少し突っ込んで考えてみる事にして、今回はゴシック体の設定を進めていく事にしましょう。

 

□異尺度対応

この項目はフォントの丁度下に設定があって、ここにチェックを入れると異尺度対応になる訳ですが…この説明では分かりませんよね。
これについては後日改めて詳しく説明をしていくつもりなので、今回は省略する事にします。
通常の図面を作図する場合には、特にチェックを入れなくても困ることはないはず。

フォントについての説明が思ったよりも長くなってしまい、文字スタイル設定の項目が少し残ってしまいました。
文字高さなどの設定については改めて次回に説明しようと思います。

関連記事

  1. 設定が多くて悩む事も
  2. フォントは色々とある
  3. 図面のチェック
  4. マルチテキスト記入
  5. 文字の見やすさに気を遣う