オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

SHXフォントを使う理由とは

オートキャド(AutoCAD)で使用できるフォントには大きく分けて二種類あります。

ひとつがゴシック体や明朝体など、それぞれの文字が綺麗に整えられているトゥルータイプフォント(TTF)と呼ばれるフォント。
もうひとつがオートキャド(AutoCAD)が独自に用意している、線や円弧などで構成されているSHXフォント。

という話を前回は紹介しました。

フォントは色々とある

どちらのフォントを採用したとしても、図面内に配置する文字として求められる性能を満たすことは出来ます。
なので、作図する人のの好みにあわせて自由にフォントを選んでも問題はありません、と言いたいところですが…

やはり図面というのは仕事で作図するものですから、どんな文字を選択した方が効率が良いのか、という事を考えながらの判断が必要になります。
やはり仕事なので効率を考える事がどうしても求められるんですよね。

文字として求められる役割を果たすことは同じであれば、作図をしていて楽な方を選択した方が効率が良いのではないか、という事になるはず。
そうした部分を考えると、トゥルータイプフォントよりもSHXフォントを選択した方が良いのではないか、という結論になります。

図面で使うのはSHXフォントの方が良い、というのが当サイトの考え方ですが、その理由は操作的な部分も含めていくつかあります。
まずは操作の効率的な話から。

明朝体やゴシック体を図面内に配置していくと、オートキャド(AutoCAD)を操作する時に画面の動きが少しずつ遅くなってくる、という問題があるんです。
もちろんパソコンのスペックによってどの程度遅くなるのかは違うはずですが、図面内に文字をたくさん配置していけばいくほど、その問題は少しずつ深刻になっていきます。

その一方で、図面内にSHXフォントで文字を配置していく場合には、画面の動きが鈍くなるようなことはほとんどありません。
これがSHXフォントを推奨する理由のひとつです。

オートキャド(AutoCAD)の動きが遅くなるという事はつまり、作図完了までにかかる時間が増えてしまうという事を意味しています。
それがフォントの違いによって出来てしまうのであれば、出来るだけシンプルに動かせるフォントを選択した方が良いという考え方です。

あとは前回も書きましたが、紙に印刷する際に2.5mm程度の大きさであれば、そこまで見た目に大きな違いは出ないという理由もあります。
CADデータ上では単純に線で構成されている文字も、その文字がある程度の太さで印刷される事によって、そんなに頼りない感じの文字にはならないんです。

これは結構地味な話ではありますが…
最終的な結果がそれ程変わらないのであれば、シンプルな方を使うというのは理にかなった話ではないかと思います。

そのあたりを総合的に考えて、オートキャド(AutoCAD)で図面を描く時にはSHXフォントを選択した方が良いと考えています。
ただ、場合によっては絶対に明朝体を使った方が良い状況もあるので、そうした状況を全て無視してSHXフォントを使うべきという話ではありません。

例えば何らかの会合をする際に「受付」などの表示を紙に印刷して貼る場合など、ある程度大きな文字を目立つように印刷したい場合。
そうした場合はSHXフォントでは細くて頼りないので、ゴシック体で目立つように印刷した方が恐らく効果的ではないかと思います。

しかし図面で説明用に表示する文字であれば、そこまで目立つ文字が必要になる訳ではないのでSHXフォントで充分役割を果たすはずです。

関連記事

  1. フィレット(角丸め)
  2. 分解コマンド
  3. シンプルな機能でオートキャド(AutoCAD)に慣れていく
  4. 複写機能の解説続き