オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

面取り(CHAMFER)-2

前回はオートキャド(AutoCAD)の機能として「面取り」を紹介して、まずはそもそも面取りがどのような処理になるのか、という話を取り上げました。
面取り寸法を0に設定する事も出来るので、様々なシーンでこうして面取り機能を使う事が出来る、という話も紹介しました。

機能の概要が掴めたら、実際にオートキャド(AutoCAD)の機能として具体的にどのような使い方をするのか、という話に進んでいく事にしましょう。
まずはサンプル図面として、前回と全く同じ図面ではありますが、下図のような関係になっている線を用意しました。

面取り前の状態

これらの線を実際に面取り処理によって繋げていく操作をする中で、面取り機能の大まかな流れを掴んでいく事にしましょう。
まずは面取りコマンドがどこにあるのか、という話から。

面取りコマンドの場所

面取りは「修正」メニューの中に用意されているのですが、「フィレット」という機能と切り替えながら使っていく状態になっています。
フィレット機能についてはこの後で紹介する予定で、こちらもなかなか使用頻度が高い機能なので、それぞれを切り替えながら使っていくのはちょっと不便です。

これの何が不便なのかというと、コマンドを開始するまでに一手間余計にかかってしまう事。
通常であればボタンをクリックするだけでコマンドを開始する事が出来るのに、フィレットの右側にある▼ボタンをクリックして、そこから「面取り」を選択するという流れになるんです。
しかも次にフィレットを使う場合には同じような操作を繰り返す必要がある。

面取りとフィレット機能をたまにしか使わない、という状態であればこうした使い方でも問題はないと思います。
しかし結構な頻度でどちらの機能も使う、という場合(少なくとも私はそうです)であれば、キーボード入力でコマンドを開始した方が良いかも知れません。

面取りコマンドは「CHAMFER」になるので、コマンドエイリアスで頭文字をとると「C」+「Enter」という事になるのですが…
「C」+「Enter」は恐らく複写(COPY)機能に割り当てた方が良いので、別の文字にするか、もしくは「CC」+「Enter」などに設定する事をお勧めします。

同じキーを二回押すのはそれほど手間ではないので、「CH」+「Enter」よりは全然効率が良いのではないかと思います。
このあたりは実際に操作する方が、どのような設定が最も効率が良いかを考えて、その結果の設定がその方にとってのベストという事になります。

こうしてコマンドを開始すると、コマンドラインには以下のような表示が出ます。

面取りコマンドを実行した状態

ここで面取り処理をする際の設定を色々出来る訳ですが、通常の操作をする際には恐らく「距離(D)」だけを設定すれば大丈夫だと思います。
上図を見ると面取りの寸法が0になっている事が分かりますが、まずは面取り寸法0で処理をしてみる事にしましょう。

特に設定を変えない場合は、コマンドを開始した時点で。すぐに面取り処理をしたい線を二本選択すればOKです。
まずは一本目の線を選択して…

面取りする線分の一本目を選択

二本目の線を選択すれば…

面取りする線分の二本目を選択

このように面取り処理が完了します。

面取り処理が完了した状態

今回の場合は面取り寸法が0なので、単純に線と線が繋がれた状態になる訳ですが、図面を作図していく中でこうした処理は結構必要になってくるものです。
隣にある線も同じように面取り寸法0で処理をしてみましょう。
まずは一本目の線を選択して…

面取りする線分の一本目を選択

次に二本目の線を選択する訳ですが、ここでどちら側の線を残すのかを試してみる事にして、ちょっと線の短い側を選択してみましょう。

二本目の線を選択する側に注目

そうすると面取りの処理後はこのような状態に。

面取り処理が完了した状態

二本の線を選択する際には、残したい側を選択する、というのが面取り機能の基本になります。
こうした面取り機能の動きは、何度か実際にオートキャド(AutoCAD)上で試してみるとしっくりと来ると思います。

面取り機能の基本的な流れはこれで完了になります。
次回はもう少しだけ面取りについて説明を続ける事にして、それぞれの設定項目がどのような意味を持っているのかを取り上げてみます。

関連記事

  1. 面取り距離の基本関係
  2. 部分削除
  3. 鏡像のイメージ
  4. リボンメニューをカスタマイズ