オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

部分削除(BREAK)-2

既に作図した要素を部分的に削除する事が出来る、部分削除機能の概要を前回は紹介しましたが、今回はその具体的な操作手順の説明をしていきます。
部分削除には何通りかのやり方があるので、どれが最もしっくりくるのかも合わせて考えてみて頂ければと思っています。

まずはこの部分削除機能がどのようなシチュエーションで使われるのか、という事も想定してサンプルを用意してみました。
図面としてはそれ程重要な部分の表現という訳ではありませんが…

部分削除を使いたい状況

テーブルの下に椅子が入っていく状態になっていますが、図面での表現を考えると、テーブルの下にある椅子の線は点線(隠れ線)になっているのが自然です。
しかし現状では全ての線が実線になってしまっているので、途中から線種の表現を変えたいという状況になっています。

もちろんそこまで気にした表現をしなくても良いのですが、それはあくまでもテーブルと椅子の関係を考えた場合です。
実際には途中から線種が実線から点線に切り替わるという表現が結構あって、そうした時に線を分割するような機能が欲しくなる。

そのような状況では、今回紹介している部分削除機能が結構便利に使えたりするので、いくつかある選択肢を含めて色々と試してみることにしましょう。
まずは部分削除ボタンをクリックするか、キーボード入力によって部分削除コマンドを開始すると、以下のような表示が出ます。

部分削除コマンドを実行した状態

ここで部分削除する要素を画面上から選択する事になりますがその前に…
部分削除のやり方にはいくつかの選択肢があるので、まずはそれを知っておいて、要素を選択する際にどこをピックすれば良いかを知っておきましょう。

1.要素を選択した際の点ともう一点の間を削除

2.要素を選択した後、部分削除する範囲を二点指定する

3.要素を選択した後、部分削除する点を一点指定する

部分削除には上記のような選択肢があるので、色々なシーンに合わせて適切なやり方を選択する事が出来るんです。
これらのやり方は同じコマンドの中で用意されているメニューを選択する事で実行できるようになる訳ですが、特に何の指定もしない場合は1のやり方が選択されます。

ここからは、それぞれの方法について具体的にどのような感じになるのか、手順を含めて説明していく事にします。

1.要素を選択した際の点ともう一点の間を削除

部分削除する要素を選択する際に指定した点と、もう一点の間を削除するというやり方で、一般的にはこのやり方
サンプル図面で試してみると、まずはテーブルの下あたりにある椅子の線を選択して…

部分削除する要素を選択

次にもう一点を画面上から選択する状態になるので、椅子を構成する線ととテーブルを構成する線の交点を指定します。

部分削除するもう一点を指定

そうすると、最初に要素を選択する際に指定した点と、二点目に指定した点との間が部分的に削除されました。

部分削除された状態

このやり方はかなり手軽で良いのですが、今回の目的を考えると、結局部分削除された線を後でテーブルまで伸ばす必要があるので、一手間余計かも知れません。
最終的には反対側の線も同じように部分削除処理をして、その後でテーブルまで線を延ばしていく操作を行い、テーブルの下にある線だけ点線に変えれば操作は完了です。

図面を整えた状態

このやり方のメリットは操作がシンプルになる点にあります。
ただ、最初に部分削除をする要素を選択する際には、「ここ!」という細かい点をピンポイントで選択する事が出来ないという特徴もあります。
要するに正確な作図にはあまり向かなくて、だけど手軽で分かりやすいという感じです。

私の場合、正確に線を切りたい場合はトリムなどを使う事が多く、アバウトに線を切りたい場合に限ってこの部分削除機能を使っています。
手順としては今回紹介したやり方が最もシンプルなので、ほとんどの場合このやり方を使っています。

ちょっと長くなってしまったので、残りの方法については次回に紹介する事にします。

関連記事

  1. 実際に面取りされている部分
  2. 消しゴムを使う感覚の機能
  3. 回転のイメージ
  4. 面取り距離の基本関係
  5. ストレッチの意味
  6. 鏡像のイメージ