オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

部分削除(BREAK)-1

以前AutoCAD(オートキャド)の機能としてトリムを取り上げて、作図された基準に合わせて自由に線などを切り取る操作を実際にやってみました。
このトリムは非常に使い勝手の良い操作なので、図面を作図もしくは修正していく中で、恐らく結構頻繁に使う事になるのではないかと思います。

ここで少しおさらいをしてみると、トリム機能は「この線に合わせて線を整えたい」というようなシーンで使う事になります。
イメージとしては下図のような感じですね。

トリムが有効な状況

上図では少し斜めに引いた線に合わせて複数の線分や円を一気にカットしています。
このように、複数の線分を一気に基準線に合わせてカット、というような操作が出来るのがトリム機能の大きな特徴という事になります。

ただ、ここで少し表現を変えると、線分などをカットする為にはあらかじめ何らかの基準を用意しておく必要がある、とも言えます。
(ここではあえてネガティブな表現をしていて、トリム機能が使いにくいという話をしている訳ではない事をご了承ください)

もちろんそこがトリムの良いところなのですが、何も基準がない場合、あるいは基準が必要ない場合は仮の線を引くという作業が発生してしまいます。
こうした仮線を引くのは一手間かかるという問題があって、さらにはその仮線を消し忘れてしまう可能性もあるので、出来れば避けたいところ。

そのような場合の選択肢として、AutoCAD(オートキャド)には部分削除という機能が用意されています。
場合によっては部分削除機能を活用した方が楽な場合もあるので、今回は部分削除機能の概要と手順について話をしていきたいと思います。

部分削除機能というのは、結局読んだままではありますが、選択した要素に対して範囲を指定して部分的に削除する事が出来る機能なんです。
ちょっと単純な図形で説明してみると…

部分削除前の状態

上記線分の中央あたりを部分的に削除して…

線分を部分削除した状態

このような状態にすることが出来ます。
トリムと違って「ここで切る」というような線を選択する必要がないので、比較的手軽に実行が出来る機能ではないかと思います。

まずは部分削除機能がリボンメニューのどこにあるのかですが、修正項目には入っているものの「修正▼」をクリックして出てくるメニューに配置されています。
通常の操作中にはダイレクトに部分削除ボタンをクリックできないという事になるので、これは言うまでもありませんが結構不便です。

部分削除機能の場所

もし頻繁に部分削除機能を使う場合には、▼をクリックして出てくるメニューの左下に表示されているピンマークをクリックして常時表示とする事を検討した方が良いかも知れません。
あるいはリボンメニューからコマンドを開始するのではなく、キーボード入力によるコマンド実行の方が効率的になるか、検討をしてみましょう。

私の場合はまずまずの使用頻度があるので、キーボードから「B」+「Enter」で実行できるように設定をしています。
これが滅多に使わないような感じになった場合、ちょっと一手間かけてリボンメニューからボタンをクリックしても良いと思います。

ただ、トリムで仮線を引く手間を惜しんで部分削除機能を利用する、という考え方からスタートしている場合には、ここでちょっと矛盾が発生してしまいます。
線を引く手間を惜しんで別の機能を使おうとして、そこで結局は一手間かかってしまうのであれば、あまりトータルでは効率が良くなっていない訳です。

そのあたりを考えると、やはりキーボード入力でコマンドを開始出来るようにしておく方が良いのではないか、と当サイトでは考えています。
部分削除機能の具体的な操作の流れについては次回に詳しく説明していく事にします。

関連記事

  1. 部分削除
  2. CADでも作図者の個性は出る
  3. 複写機能の解説続き
  4. フォントは色々とある
  5. フィレット(角丸め)
  6. 面取り距離の基本関係