オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

無駄を省くという考え方

前回はスプラインの操作説明をしている途中で話が逸れてしまい、私が昔地図のトレースをしていた時の話になってしまいました。
スプラインなどの機能を使ってオートキャド(AutoCAD)で等高線などの地形を作図していく仕事では、操作スピードの差が非常に明確になる、という話でしたが…

オートキャド(AutoCAD)を使うスピードの差が非常に分かりやすく出てしまう。
これが作図者にとって良いことなのかどうかは微妙ではありますが、自分よりも間違いなく高いスキルを持っている人が分かるのは、私にとっては有り難い事でした。

私よりも高いスキルを持っている人がいると言うことは、私もそのレベルまで到達出来る可能性があるという事を意味しています。
そして、そうなるために何をすれば良いかというと、その人のやり方を見本にして自分のやり方を改善していけば良いんです。

これはちょっとセコい発想かも知れませんが、自分のスキルが上がると言うことはチーム内の効率が上がると言うことを意味しています。
結局は個人のスキルアップがチームの為になる訳ですから、積極的に自分のやり方を高めていくのは間違いではないと思います。

今までの経験上、非常に高いスキルを持っている方は大抵の場合、自分のやり方を人に教える事を厭わない方が多かった気がします。
だから私がやり方を教わったとしても、自分が追いつかれるかも…とかいう発想もなく、シンプルに同じプロとして一緒に勉強していきましょう、という感じでした。

自分に足りないものは教わる

これは自分のスキルに自信を持っているからこそなのかも知れませんね。
そうやって私よりも高いスキルを持っている方から色々と教わった結果、こうして「無駄を省いていく」という事を説明している訳です。

例えば画面上からポイントを指定する際に間違いなく一回で指定するとか、要素を選択する際にはその要素だけを一回のクリックで指定するとか。
作図が早い方はそうした細かいけれど何度も繰り返す必要がある操作で、全然無駄な事をしていないということを私は知りました。

実際にオートキャド(AutoCAD)を使って見ると分かるのですが、作図していく中でそうした場面があっても、結構クリックの間違えとかがあるものです。
早い人はそうした無駄が一切ない。

こうした操作一回で出来る差は大した事はありませんが、それが積み重なるともう誰の目に見える差になって表れてくる訳です。
結局は驚くような特別な機能を使っている訳ではなくて、普通の機能を普通に無駄なくやっていく、という事がスピードアップに繋がる、という当たり前の話に…

これはすぐに成果が出るような種類の話ではないので、それを知った時には少しがっかりしたというのも正直な気持ちです。
でも、オートキャド(AutoCAD)の経験を積むというのは、そうした少しずつの操作が正確で早くなっていく事なんですよね。

だからこそプロの仕事には価値がある訳です。

と言うことで、少し話が長くなってしまいましたが…
これからオートキャド(AutoCAD)を覚えようとしている方も、色々な機能を覚えたら、そこからがスタートだと思って頂ければと考えています。

覚える手段は当サイトを読んで頂く事でも良いですし、スクールに通っても良いですし、書籍を一通り読む事でも大丈夫です。
どのような手段で覚えたかはあまり仕事では問われなくて、自分のスキルをどこまで高めようとしているか、というあたりを仕事では問われます。

一通りの機能を知るというスタートは一緒で、そこからどこまでスキルを高められるのかによって、プロとしての評価に差が出る訳です。
そのあたりを意識して、機能を覚えるだけではなく、操作方法を少しずつ工夫・改善していくような考え方で取り組んでいくことを当サイトでは推奨します。

関連記事

  1. 長方形の作図
  2. 楕円のイメージ
  3. 図面内に表現される文字
  4. 塗り潰しのイメージ
  5. 雲マークのイメージ
  6. 円弧の作図