オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

スプライン(SPLINE)

前回はオートキャド(AutoCAD)が持っている便利な機能として、ポリラインの具体的な活用方法について紹介をしました。
図面上でシンボル的な図形として利用する為、一体になっていた方が楽だし間違いがない、という図形は結構多く存在しています。

一体になっていた方が良い図形

例えば上図のように、ちょっと説明用に使うような吹き出しのような図形では、この形状に意味があるのでそれぞれがバラバラになる事はありません。
こうした図形を線分で構成するか、それともポリラインで構成するかによって、地味に使い勝手が変わってくるものです。

そのあたりを意識してデータを作っていき、効率良く仕事を進める事が出来るように、色々な機能を知っておく事をお勧めします。
前回紹介したポリラインの機能もそうした「知っておくと便利な機能」のひとつです。

今回紹介するオートキャド(AutoCAD)の機能は、スプライン(SPLINE)と呼ばれる綺麗な曲線を作図していく機能です。
前回紹介したポリラインと少し絡んでくる部分もあるので、そのあたりも含めて概要と操作方法を紹介していこうと思います。

スプラインというのは、画面上から指定した点に影響を受けて、その点を元に構成される滑らかな曲線を作図する機能です。
…という説明は少し分かりにくいので、分かりやすく図にしてみると、こんな感じの曲線を作図出来る機能になります。

スプラインの一例

こうした連続した滑らかな曲線は、線分と円弧ではなかな表現出来ないものなので、図面によってはこのスプライン機能が必須になる事も結構あると思います。
例えば地図などを図面化する際に、等高線を表現する為にスプラインを使うと、非常に美しい仕上がりになるはずです。

地図での等高線表現

地図をCADデータ化する仕事は昔結構あって、私もやったことがあるのですが、何人かのチームで一斉に作図する事が多かったと記憶しています。
恐らく物量が多かったから自然とそうなったのだと思いますが、作図スピードや精度の差が残酷なまでに明確になるやり方でもありました。

私もオートキャド(AutoCAD)の操作スピードを高める事にはこだわりがあったので、大抵の方には負けないつもりでいました。
だからこうして差が明確になる方式は歓迎でもありましたが、やはり世の中は広いと言うか、上には上がいると言うか…

私がいくら集中して作図しても、全然私よりも早く作図を終える事が出来る、という圧倒的なスキルを持った人が数人いました。
少しの差で私の方が遅いとか、惜しくも負けるとか、そう言った次元の話ではなく、もう全然相手にならないくらいの差がそこにはありました。

残酷な程に差が付いてしまう

正直ショックではありましたが、そこまで明確に差があると言うことは、私にもまだ可能性があるという事でもあるんですよね。
だからどんなやり方で作図を進めているのかを、ちょっとセコいやり方ではありますが、素直に教えてもらおうと考えました。

そこで見えてきたのは、やっぱり早い人は無駄な操作をひとつもしていないという事で、それ以外ないというシンプルなものでした。
色々な操作がある中で、それぞれの操作に少しずつある無駄を出来るだけ省いていく。
このような考え方の先に、圧倒的な作図スピードがあるようでした。

こんな機能を使えば便利なのか…みたいな発見があれば簡単に効率はアップする訳で、もしそうであれば私も一気に作図スピードが上がるのですが…
残念ながらそう言った簡単な話では全然ありませんでした。

考え方は単純で「無駄な操作をしない」という事がポイントになってくる。
ちょっと話が逸れてしまいましたが、次回にもう少しだけ続きます。
この話が終わったらスプラインの説明に戻るので少しお待ちください。

関連記事

  1. 図面内に表現される文字
  2. ハッチングの処理には時間がかかる場合も…
  3. 自分に足りないものは教わる
  4. キーボードから入力
  5. グラデーションのイメージ
  6. 上には上がいる…