オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

CADだけで充分なのかを考える

パソコンとCADを使って図面を作図する仕事をするのなら、ネット環境さえあればどこで作業しても同じなので、在宅勤務も現実味がある。
そういった考え方で在宅勤務を希望する方も多いと思いますが、前回までの話で色々と書いてきたように、現実は結構厳しいというか難しいものがあります。

こうした「ネットがあればどこで仕事をしても…」という考え方は、あくまでも働く側の考え方であり視点なんですよね。
企業側の考え方を想像していくと、わざわざ離れた場所で仕事をするのは非効率的だと考えるかも知れない、という部分が見えてくるのではないかと思います。

この人だったら離れた場所でも良いから業務にあたって欲しい、もしくは、この人だったら在宅勤務をお願いしても大丈夫だろう。
そう企業から思われる人は、どのようなスキルを持っているのか…という事を考えていくと、やはり高いスキルを目指すしかないという結論が出ますよね。

会社に勤めるのはこうしてスキルを高めるというメリットがあるだけではないので、少なくとも一度は会社に勤めてプロの全体的なレベルを知っておいた方が良いです。
もちろん操作のスピードとか知識が高められる訳ですが、それ以上に仕事の厳しさや楽しさなどもを経験出来るはずですから。

仕事の楽しさ

CADを使って仕事で安定した成果を出すには、やはりCADのスキルを高めていくのが一番の方法になるので、まずは水準以上のスキルを目指すことになります。
身近に目標となるような優秀な方がいて、その方に操作のコツや仕事のやり方などを教わることが出来れば、こうした目標は意外に早く達成出来ると思います。

なので、もし会社に勤めたのであれば、そういった目標になり得る人を見つけて、出来るだけ教えてもらえそうな関係を築くことが第一歩でしょう。
残念ながらそういう人がいない場合には、逆に「この人はちょっと…」と思う人を見つけて、その人を超えることが出来るように頑張るしかありません。

そうやって色々工夫をしながらCADのスキルを高めていくと、比較的短い期間でAutoCAD(オートキャド)を完全使えるようになります。
まずはこの段階を目指す事になるのは良いのですが、それがある程度実現したとしたら、次の質問について真剣に考えてみるべきです。

果たして自分が目指しているのはこの状態なのか?

AutoCAD(オートキャド)を使った仕事に興味があるとか、図面を描く仕事に興味があるなどの動機で今まで勉強を続けてきたのだと思います。
その動機付けが強ければ強いほど、水準以上のスキルを身につける為に要した時間は短いのではないかと思います。

そうした勉強熱心な方であれば、ここでわざわざ書かなくても、目標を達成しそうになった段階で似たような事を考えるはずです。
まずは目指したゴールには到着しそうだけど、これで一生この仕事をしていくのかどうか、という事を考えた時にどう思うか。

これは人によって答えが違ってくる質問だと思います。
少し質問のニュアンスを変えてみると、AutoCAD(オートキャド)を覚えたから一生仕事に困らないようになるのか? という質問になります。
私も完全な回答を持っている訳ではありませんが、恐らく答えはNOだと思います。

どのような特殊な得がたいスキルであっても、持っているだけで一生仕事に困らないようなスキルなどありません。
AutoCAD(オートキャド)のスキルも同じですが、持っているスキルは毎日磨いて高めていかなければ価値がありません。

周囲の方は日々少しずつ進歩している訳ですから、ずっとそこに留まるということは完全なる退化を意味していますよね。
退化し続ける人にずっと仕事を頼むだろうか…と考えると、まあ答えるまでもありません。

というような意識で勉強を続けていくと、AutoCAD(オートキャド)のスキルだけでは満足できない時が来るかも知れません。
その時にどうするか、という話はもう少し後で詳しく取り上げることにしますが…
CADを使えるようになる事がゴール地点では決してない、という事をここでは伝えておきたいと思います。

関連記事

  1. 覚える為の期間
  2. 人の何かを教える事
  3. アイスクリームディッシャー
  4. 勉強の繰り返し
  5. チームで仕事
  6. 在宅勤務